角川ビーンズ文庫<br> レディ・ロゼッタの危険な従僕【電子特典付き】

個数:1
紙書籍版価格 ¥759
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

角川ビーンズ文庫
レディ・ロゼッタの危険な従僕【電子特典付き】

  • ISBN:9784041111369

ファイル: /

内容説明

父代わりだった高齢の夫を亡くし、19歳で独りになったロゼッタ。
ある日、レオと名乗る青年が使用人として押しかけてくる。 
年下とは思えない、少し強引で世話焼きな彼と過ごすうち、色あせた日常は変わっていき……。
レオに心惹かれながら、謎に包まれた彼の素顔が気になるロゼッタ。
ある事件でそれは疑念へと変わり!?
「違う。俺は平気で人を殺せる。あんただって」
その献身は嘘か、真実か――私だけの従僕との危険なロマンス!
電子書籍の巻末には、想いが通じあった後のロゼッタとレオの書き下ろしエピソード「やきもち」を特別収録!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐっち

19
若い未亡人と従僕…大好きな「マダムとミスター」に近い設定でハードルを上げすぎたか。こんなのに引っかかるヒロインにバカなの?と思うこともあったけど、自分から頑張っていこうとする姿は良かった。2021/03/06

RINGOoisiiiiiii

6
歳がかなり離れた旦那を亡くしたヒロイン。屋敷からは使用人もいなくなり独りになってしまう。ある日何者かに襲われるのだが青年助けられる。青年に使用人にしてほしいと言われて…。大好きな主従だー!と、思ったけど、ヒロインは閉じこもって何も知らずヒーローは騙してるという主従(仮)関係。ヒロインが襲われた後の行動は懸賞金もかかってるのに…とは思った。やれることが増えてちょっと強気になってたからかな?くっついたら気安い感じだったし思ってた主従とは違った。2021/04/15

十六夜

5
祖父ほど年が離れた夫が残したバラ園を守りながら暮らす未亡人ヒロインと、彼女に雇用を願い出る年下従者の話。ヒロインは亡夫の遺産がらみで懸賞金をかけられていてめっちゃ命狙われているけど、なにげ殺し屋稼業のヒーローがそれを守る。ヒーローも最初はヒロインを懸賞金目当てで殺すつもり、だったけどヒロインの清らかさにほだされて本物の従者兼護衛になるというね。最後は遺産を狙う悪党も没落した家も建て直せて、ふたりも結ばれてハピエン。しかしヒロインが悪役令嬢とまでおとしめられるほどの要素は別になかったと思うけどなぁ……2021/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17549306

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。