ハーレクイン<br> ボスは理想の花婿?

個数:1
紙書籍版価格 ¥737
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
ボスは理想の花婿?

  • ISBN:9784596609892

ファイル: /

内容説明

■結婚しても夫に片思いなんてつらすぎるけれど……。■「解決策はひとつしかない。ぼくと結婚しよう」八年も思いを寄せてきたボスのブラッドに言われ、レイチェルは期待に胸が躍った。が、それも一瞬のことだった。彼女は最近ストーカーにつけ狙われていた。とうとう自宅にまで忍び込まれた痕跡を発見し、身を隠さなければならなくなったのだ。ブラッドが結婚を提案したのは、ひとえに私に辞めてほしくないからに決まっている。それでも、ボスがほかの女性たちとデートを重ねるのをやるせない気持ちで見守るよりはましかもしれない。自分の決心を狂気の沙汰と知りながら、レイチェルは申し出を受け入れた。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アカツキ

12
社長補佐ヒロインは寝室の鏡台に置かれたストーカーからの手紙に気付いて警察に行くがロクに相手にしてもらえず、家から離れようと社長ヒーローに休暇か退職したいと願い出る。ヒーローは事情を聴き出すなり出張先に同行させ、帰る日が近づくとヒロインに結婚しようと言って…。結婚してから詐欺師の父から吹き込まれた女性不信を発揮するヒーロー、8年間のヒロインとの信頼関係よりゲス社員たちの噂話を信じちゃう。ヒロインが怒って出ていくのも当然。ヒロインは芯のある女性で魅力的だけど、ヒーローはいいとこなしだった。2020/09/13

糸車

9
経営者のヒーローと共に事務、経理、受付電話対応となんでもこなして二人三脚で建設会社を発展させてきたヒロイン。お互いに一目惚れなのに気持ちを封印してひたすら仕事に打ち込むふたりが”ストーカー騒ぎ”をきっかけに関係が劇的に変化。ヒロイン、ヒーローの気持ちが丁寧に描かれていて○。自分の気持ちを押し付けてはいけないと必死に自制するふたりがじれったいのなんの。苦労人だけど清楚なヒロインは高嶺の花と思いつつ、メロメロなヒーロー。コンプレックスから彼女を傷つけてしまう場面に苦笑。お馬鹿さん!でも可愛げがあるから許せる。2015/04/30

akiyuki_1717

2
会社がプレハブだった頃から秘書として休みなく働きながら、社長であるヒーローに心を寄せながら、互いに自分には高嶺の花として意識をそらしてきた二人が、ヒロインのストーカー疑惑から心を寄せ、極秘結婚する。ヒーロー、ヒロインともに心の綺麗な二人で、読んでいて気持ちが良かった。2013/11/02

akiyuki_1717

1
再読。再読してみるとヒーローもっといい人だったように思ってたけどそうでもなくて残念感があった。実は八年も両想いだったというお話。ヒロインは入れ代わり立ち代わり女性と付き合うヒーローを見てても思い続けられるって、芯があるというか一途というか、なのにちょっと疑われると出ていくっていうのは、ヒロインの今までの人物像とは外れてる気がした。ヒーローよりも大人な対応をして欲しかった。ストーカーしていた人物の言い訳もかなり間抜けだけど。2021/02/15

romaco

0
★★★2010/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/411973

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。