GA文庫<br> 忘れえぬ魔女の物語【電子特装版】

個数:1
紙書籍版価格
¥726
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

GA文庫
忘れえぬ魔女の物語【電子特装版】

  • ISBN:9784815607708

ファイル: /

内容説明

今年進学した高校の入学式が三回あったことを、選ばれなかった一日があることをわたしだけが憶えている。そんな壊れたレコードみたいに『今日』を繰り返す世界で……。
「相沢綾香さんっていうんだ。私、稲葉未散。よろしくね」
そう言って彼女は次の日も友達でいてくれた。生まれて初めての関係と、少しづつ縮まっていく距離に戸惑いつつも、静かに変化していく気持ち……。
「ねえ、今どんな気持ち?」
「ドキドキしてる」
抑えきれない感情に気づいてしまった頃、とある出来事が起きて――。
恋も友情も知らなかった、そんなわたしと彼女の不器用な想いにまつわる、すこしフシギな物語。

電子版限定、特典ショートストーリー「調理実習・オブ・ザ・デッド」を収録!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

寂しがり屋の狼さん

68
壊れたレコードのように『今日』を繰り返す。決して忘れる事のない記憶。繋いだ手の温もりを、埋めた胸の鼓動を取り戻すため1095776回繰り返した10月5日…最後まで諦めずに貫いた想いは本物だよね(’-’*)♪次回作も読んでみたいです2021/03/24

芳樹

51
タイムリープならぬタイム”リピート”の良質な百合作品。同じ日が何度も繰り返され、そのことをただ一人憶えている相沢綾香は孤独を抱えていた。そんな彼女と「将来、魔法使いになりたい」と言う稲葉未散とのガールミーツガール。固く凍った綾香の心は未散との交流で融けていき…。綾香が未散が通じ合った瞬間をつなぎ止めるため、文字通り命を捧げて未散の存在を守ろうと無限の時間を戦い続ける。未散への狂おしいまでの綾香の想いに心打ちのめされながら、彼女の純粋さが心に響く。二人が手にした未来に消えない幸せがあらんことを祈るばかり。2021/02/07

よっち

50
壊れたレコードみたいに何度も繰り返す日々を生きる女子高生・綾香。そんな彼女が次の日も友達でいてくれた未散と出会う、恋も友情も知らなかった二人の少しフシギな物語。事情を知る従姉の優花以外は誰にも理解されない綾香。繰り返される同じ日から無作為に選ばれる一日と、彼女だけが覚えているたくさんの思い出。けれど未散の存在は波紋を投げかけるように彼女に変化をもたらして、かけがえのない存在だからこそ簡単には諦めきれなくて、不器用でひたむきな想いで挑み続けた末に見事乗り越えてみせた彼女たちの結末がとても印象的な物語でした。2021/01/13

寂しがり屋の狼さん

48
今日がなかったことになっても、この気持ちまでは消えない。入学式が3回あったことを、選ばれなかった1日があることを私だけが憶えている。そんな壊れたレコードみたいに『今日』を繰り返す世界で…生まれて初めての関係と、少しづつ縮まっていく距離に戸惑いつつも、静かに変化していく気持ち。恋も友情も知らなかった、そんなわたしと彼女の不思議な想いにまつわる、すこしフシギな物語。『ねえ、今どんな気持ち?』『ドキドキしてる』(◕ᴗ◕✿)2022/04/17

ふじさん

25
第十二回GA文庫大賞、金賞受賞作。見掛けはお行儀の良いガールズラブと言った風体だが、さにあらず。事前には想像も付かない程に苛烈で、突き抜け切ったエンタメの塊だった。正直、設定はさほど珍しくもない。一日を何度も繰り返す世界で自分だけ記憶を保つヒロインが、大切な関係を守る為、自己を犠牲に無謀な勝負へ挑む展開はある意味王道。具体名は出さないが、かつて一時代を築いた複数の名作の要素を闇鍋的に混ぜ合わせた印象もあり、サブカル的な味付けは極めて濃い。豊かな詩情と力業で突破する我武者羅な熱が同居した、満足感抜群の傑作。2021/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16955985
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす