新潮文庫<br> 神の子どもたちはみな踊る(新潮文庫)

個数:1
紙書籍版価格 ¥572
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
神の子どもたちはみな踊る(新潮文庫)

  • 著者名:村上春樹【著】
  • 価格 ¥572(本体¥520)
  • 新潮社(2020/12発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101001500

ファイル: /

内容説明

1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる……。大地は裂けた。神は、いないのかもしれない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えていた――。深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

464
阪神淡路大震災があったのが1995年の1月。これら6篇の連作短編は地震後、即座に書かれたのではないが、村上春樹にとってはなんらかの形で、その未曽有の経験を決済しておく必要があったのだろう。いずれの作品も間接的にだが、この地震に関わりを持っている。巻頭の「UFOが釧路に降りる」が、もっとも不可解な部分を有していて哀しみも深いが、物語を重ねるごとに希望への展望が開かれていくように思える。巻末の「蜂蜜パイ」の淳平は、作家自身にいくぶんかは重なり合うし、畢竟は「書く」ことにおいて哀しみを超克していくしかないのだ。2012/11/24

青葉麒麟

311
今の日本の状況にどんぴしゃだと思う。他の村上作品に比べるとかなり読み易くて判りやすかった。【みみずくん】を君づけで呼ぶ【かえるくん】が素敵。2012/02/23

HIRO1970

301
⭐️⭐️⭐️村上さんの短編集です。こんな表現使った事無いけど、珠玉の作品ってこんな作品の事を言うような気がします。どれも神戸の震災に触発された感じがあり、全く表現描写は違うのですが、もの凄く引き込まれてしまう、素晴らしい作品でした。様々な時間軸の中で掛け違ったボタンの様な物が時には明確に時にはぼんやりと感じられました。名作です。2014/05/06

ミカママ

276
【2016年読み納め&再読】初読みにするつもりだったんだけど、このやり切れなさは、大晦日の今日にふさわしかった。「いくら待ったところで、いくら考えたところで、ものごとはもう元には戻らないだろう」春樹さまの黙示録。2017/01/01

gtn

209
「タイランド」の一編。牡と牝が偶発的に出会い、交尾を行い、すぐその場で別れる北極熊。一瞬一瞬の縁でつながっていくという意味では人間と変わらない。理はそれとして、作中「私たちはいったい何のために生きているのか」との問いかけがある。それに答えるには、確固たる哲学に求めるしかない。著者はその答えを示唆していないが、諦観していないことを信じる。2018/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580046

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。