講談社文庫<br> トッカイ 不良債権特別回収部

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
トッカイ 不良債権特別回収部

  • 著者名:清武英利【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 講談社(2020/12発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065219560

ファイル: /

内容説明

狂乱のバブル経済崩壊後の「失われた20年」のさなか、日本中の不良債権取り立てに奮闘する国策会社=整理回収機構。そこで働く面々は、その多くがバブル崩壊で破綻した金融機関の出身者たちだった。借り手の側から取り立てる側へ――将棋の「奪り駒」のように回収の最前線に打ち込まれた者たちは、バブル経済に踊った怪商、借金王、ヤクザらと対峙し、でジワジワと追い詰めていく。泥沼の債権回収に奮闘した、男たちの物語。

住専こと、住宅金融専門会社7社は、バブル崩壊により、6兆4000億円にのぼる巨額の損失を負った。
7社はいずれも大手銀行、証券、生保などを母体に設立されたが、80年代末の狂乱のバブル時代、母体行が融資に尻込みした「バブル紳士」たちに巨額の融資を行い、その多くが回収不能となり焦げ付いた。
政府は6850億円の公的資金投入を決めるが、これが世論の強烈な反発を招く。
自民党・橋本龍太郎政権は「住宅金融債権管理機構」を設立し、社長に「平成の鬼平」と呼ばれた中坊公平元日弁連会長を据えた。住専各社から譲渡された不良債権を、できる限り回収することを目指す、「バブルのしんがり」たちの活動は、こうしてスタートした――。

文庫版のための追補
「トッカイ」とは何だったのか――大蔵省元銀行局長の証言

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なよ

11
住専から金融機関が破綻した時期までは新聞でよく目にしたが、それ以降も記載されていて、読みにくいところもありましたが、勉強になった。一貫して長期間を記されていると、融資のスタンスや、社会・法律の改定は、こういうところから起因したものだな、と思ってしまう。2021/04/24

タカボー

9
清武英利さん3冊目。「しんがり」「奪われざるもの」含めて、精神的にキツい仕事ばかり。本書は「住専」の債権回収のノンフィクション。私はまだ学生だったから、そんなのニュースとかでやってたなぁぐらいで中身は全く知らない。今更住専?と思ったけど、つい最近までやってたことに驚いた。ノンフィクションとは思えないぐらい西山氏と末野氏のキャラが濃い。褒めてはいけないかもしれないが、裸一貫で這い上がって何千億円のカネを動かすようになった胆力は凄い。生き方に迫力がある。追い詰められてる状況でギャグ出るか?関西人凄いわ。2021/03/18

7
住専の悪質な不良債権を回収した男達の悪戦苦闘の記録。ドラマも面白かったけど、やはりドキュメンタリーはさらに熱かった。2021/04/16

すのす

6
住専問題は、バブル崩壊のパーツとしてもはや歴史になった感があるが、不良債権の回収は今も続いているということで、その回収に当たった方々のノンフィクション。7割くらいは大阪の話で、リアルナニワ金融道という感じ。住専から整理回収機構に移って回収に当たった方々の苦労たるや、もはや筆舌に尽くしがたく、中坊公平に正義・国策と言われても、それは大変だったでしょう。最近は取り立てから企業再生へと舵を切りつつも西山氏の海外資金を押さえるなど、やることもやっている。失われた30年間で、住専問題は終わってなかった。2021/02/13

はるのびん

4
思っていたのとちと違ってたな 読みにくかったです。 2021/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16947952

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。