詠月文庫<br> 滄浪の歌のように

個数:1
  • Kinoppy

詠月文庫
滄浪の歌のように

  • 著者名:横尾湖衣/忍足あすか
  • 価格 ¥330(本体¥300)
  • 夕霧文庫(2020/11発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

渡辺真依は就職氷河期にあって大企業に就職したいわゆる勝ち組女子である。社内では「見た目は可愛いお嬢さん。でも、中身はスカートをはいた男」と言われるほどバリバリ働いていた。しかし、日々増えていく業務を無理してこなしていくうちに、健康面に不安が出てきて、ついに転職を決意する。転職先では、これまで知ることもなかった社会の負の部分に直面する。生きにくい世の中をどう生きていくべきか、真依は悩み始める。ふと淀川を眺めているうちに、ある詩を思い出す。

目次

一、ヒョウ柄のマフラー
二、マリアの相談事
三、コシーニャ
四、人財と人材と区別と差別
五、日本人に近づきたい
六、肌の色
七、サンパギータ
八、カテゴリー
九、グローバル化
十、アイデンティティの変化