これからデータと統計に向き合う人のための 誰でもわかる「医療DATAコト始め」

個数:1
  • Kinoppy

これからデータと統計に向き合う人のための 誰でもわかる「医療DATAコト始め」

  • 著者名:青木コトナリ【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 日経BP(2020/11発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

今や医療現場では、紙媒体の資料からペーパーレスや業務効率化を動機として多くが電子化されているが、2次的利用を想定して電子化されなかったため整備されているものは限られている。2000年代初頭に電子カルテシステムの導入が始まったが、当時は個人情報の保護が最優先され、病院間での病気の治療など共有できなかった。せっかく貴重な医療データが捨てられずにサーバーあるいはクラウド上に残存していたとしても、価値を生むことは難しい。しかし、2017年4月の次世代医療基盤法の成立、20年4月~施行されたGPSP省令改正など認定された組織・団体はば医療データと医療データを結びつけることができるようになった。この本では、医療データの解析、研究、利用の方法などを誰でもわかるように解説している。

目次

第1部 医療DATA活用の幕開け
第2部 技術編
医療データの品質確保 ─Part1~Part4
研究デザインの基礎 ─Part1~Part5
医療データ分析 ─Part1~Part5
第3部 実践編
医療データを用いた研究の実践 ─Part1~Part4
第4部 未来編 
医療データ活用の未来 ─Part1~Part2
第5部 あとがき コラムを振り返って
付録1 用語集
付録2 医療データ関連リンク集