電撃文庫<br> 少女願うに、この世界は壊すべき2 ~輪廻転生の神髄~

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

電撃文庫
少女願うに、この世界は壊すべき2 ~輪廻転生の神髄~

  • ISBN:9784049132694

ファイル: /

内容説明

弁財天と寿老人を退け、榮凛島の崩落を食い止めた神津彩紀と熾天寺かがり。
 これで平穏な生活をおくれるかと思いきや──2人の家は燃やされていた。
 犯人は七凶人の大黒龍僖。新たな彩皇に狙われた2人の元に、朝廷からの使者、稲名田湯津香がやってくると、七凶人に対抗するため協力を持ちかけられる。
 さらに、新たな仲間を求めて人間の楽園と呼ばれる『盈水院』を統べる大僧正、毒針倶舎奈のいる寺院を目指すことに。
 しかし盈水院で待ち受けていたのは、嘘をつかないと、酒を飲まないと、人を殺さないと死んでしまうという、仏教の五戒を破らなければならないという奇妙な町と怪しい住人たちで──。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まるぼろ

22
弁財天と寿老人を退けた神津彩紀と熾天寺かがりだったが、七凶神の大黒龍僖に家を焼かれ時同じく朝廷からの使い、稲名田湯津香に七凶神への対抗を要請された二人はとある人物のいる「盈水院」に赴くが…というお話です。今巻は仏教をモチーフにした話がメインでしたが、その中にも千年という時間の重みや知らず変わってしまったものだとか前巻から続く意志の強さだとかがうまく噛み合っていてとても面白かったです。改心…と言うより憑き物が落ちたと言った印象の倶舎奈も仲間に加わり、次巻はどんな話になるのか楽しみです。2020/11/17

ヤギ郎

8
弁財天と寿老人を退けた彩記とかがりは桃源郷と化した榮凛島で健やかな日々を送る。そこで、朝廷からの使者がやってきて、七凶神と戦うために地表へ降りることになった。大きな敵と戦うためには、まず仲間を集める必要がある。彩記たちは、毒針倶舎奈と出会うために盈水院(えいすいいん)へ訪れた。千年という時を越えた超絶ファンタジー。複雑な設定も第2巻に来ると慣れてくる。なんとなくタイトルを回収してきている…??2020/11/18

真白優樹

8
新たな七凶神、大黒天に命を狙われる中、朝廷の使者が彩紀達の元を訪れ、彼等が不思議な街を訪ねる今巻。―――何度転生しても変わらぬこの想い、向き合い汝は何を為す。 仏教の五戒を破らねば死んでしまう、人間の楽園と呼ばれた盈水院。その寺院を統べる大僧正、倶舎奈と激闘を繰り広げる巻であり、不条理なルールの奥に隠された彼女の真意が何処か痛く切なく、昏い思いからではない理由と激突する、彩紀がかがりと彼女の板挟みとなる中、大切なものを改めて選ぶ巻である。果たして彼等は天を墜とせるのか。 次巻も勿論楽しみである。2020/11/15

椎名

6
ヤンデレ巻。仏教的な部分が色々と出てきたのは面白かった。2020/11/17

尚侍

3
物語的には面白いのですが、良くも悪くもラノベにありがちなカタルシス要素が薄く、話がうまくまとまっても今ひとつ爽快感が感じられませんでした。ただ、それが悪いかというと決してそういうことはなくて、主人公の成り立ちを考えたらむしろそういう展開の方が物語にふさわしく思えるので、なんとも不思議な読後感を味わえました。なんだかんだで物語の大きな方向性が見えてきたし、懸案だったヒロインも徐々に成長が見られるので、もう少し読んでみようと思います。2020/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16878862

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす