一迅社ノベルス<br> 後宮妃の隠しごと ~夜を守る龍の妃~【特典SS付】

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

一迅社ノベルス
後宮妃の隠しごと ~夜を守る龍の妃~【特典SS付】

  • ISBN:9784758093101

ファイル: /

内容説明

美しく、でも役立たずのお飾り龍妃。彼女には秘密の“夜の”役目があった! 龍に護られた大国、“凛”。その後宮には、龍の加護をもつ四人の妃賓がいた。その中のひとり、玲華は周囲がうらやむ美しさを持ちながらも、妃としての役目を果たさず周囲から置物の妃と言われ、疎まれていた。しかしある日、警護兵として後宮で働きだした青年、蒼燕が彼女の秘密を突き止め、その上「私をあなたのお傍に置いていただきたい」と志願してきて……? 下級妃賓たちの火遊び、心身むしばむ媚薬の蔓延、四龍妃同士の諍い、宴での演舞披露――人の欲が集まる後宮では、さまざまな思惑が入り乱れ、まじり合う。豪華絢爛、奇奇怪怪、中華後宮ファンタジー。 ※電子版はショートストーリー『主の食欲に関して』付。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

虚と紅羽

9
龍の加護を得た龍妃の一人玲華、とある事情により後宮へ現れる『厄』から目的の厄を探そうとする蒼燕。渦巻く人の欲と思惑が絡み合い、混じり合い、生じるは厄。華々しくも憎悪が澱む中華後宮ファンタジー。 ファンタジー要素の雰囲気がいい。ので、もっとそれぞれの龍の設定を深掘りしてほしい。濃厚すぎるくらいに濃厚にしてほしい。 話の内容としては思ったよりライト。政治的介入がない分、ファンタジー強め。謀略系中華後宮物を期待してたら物足りないかも。もっとこの世界に浸かっていたい。 そしてどのキャラも美麗。ずっと見てられる。2020/11/18

香織

0
謎がそのまま回収されずに終わっていて腑に落ちない。2021/05/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16602507

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。