一迅社ノベルス<br> 龍鎖のオリー心の中の“こころ”-【電子限定特典SS付】

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

一迅社ノベルス
龍鎖のオリー心の中の“こころ”-【電子限定特典SS付】

  • 著者名:cadet【著】/sime【イラスト】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 一迅社(2020/11発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784758093095

ファイル: /

内容説明

【無料試し読み閲覧期間2021/12/2~2021/12/15】
精霊が棲まう世界で、剣や魔法、気術を競い合うソルミナティ学園。ノゾムは実力主義のこの学園で、「能力抑圧」――力がまったく向上しないアビリティを授かってしまった。その上、身に覚えのない中傷の噂によって幼馴染みや恋人も失い、周囲から蔑まされるようになってしまう。それでもノゾムは、血の滲む努力を続け、体を苛め抜いてきた。なにも考えないですむように、逃げるように、ただひたすら体を鍛え続けてきた。しかし能力は一向に上がる気配がなく、希望が見えない毎日に心身ともに疲れてきっていたある日。ノゾムは、深い森の中で巨大な龍に遭遇する。絶体絶命のその時、見えたのは体に巻きついた鎖。それをめいっぱい引きちぎったとき、今まで鬱積していた力のすべてが解放されて……!? 足りないのは、自信か、力か。――これは心の歩みを止めた少年が、もがきながら、立ち上がる物語。 ※電子書籍限定、豪華5本の描きおろしSS収録!! ソミア、マルス、ティマなどなど、普段語られることのないキャラクターたちの一面をお見逃しなく!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はれ@記録

0
能力抑圧という何の力にもならず足枷にしかならない能力が発現し、学園の最下級に置かれ嘲笑の的となった主人公はそれでも厳しい師範の下、修練に明け暮れるところが現実逃避していても芯が強いところだと思った。急成長していく刀のスキルをどう生かしていくのか期待が膨らみ、徐々にその片鱗を見せていくのが面白いとこの1つ。この主人公の意図しないところで、彼に興味をもち始めたキャラが動いていくところもどうなるのか気になって読ませてくれる。そして一番の面白さは、能力抑圧で話が終わらないところ。2021/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16603952

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。