馬渕睦夫が読み解く 2021年世界の真実 「世界覇権・10年戦争」が始まった

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

馬渕睦夫が読み解く 2021年世界の真実 「世界覇権・10年戦争」が始まった

  • 著者名:馬渕睦夫
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • ワック(2020/09発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784898318263

ファイル: /

内容説明

トランプと習近平そしてディープ・ステートとの三つ巴による仁義なき10年戦争が始まった。この勝者が誰になるかによって、世界の進路が決まる。トランプなら世界は平和になるが……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゅわっち

18
アメリカ大統領選でいろいろ起きた事が今起きていないのは、やはりトランプ落としのためにいろいろ行われたのが、正しいと思った。著者の言うことが、全て正しいかわからない。ただ、国際金融の思う通り、物事が進まなくなったのも事実に思います。また、変な軍事事件は、著者の言う通り、戦争をしたい人が、指導者の意図と違う軍事行動により、大きくしようとしてるのに見方に賛同しました。ワイマール憲法により、ドイツを閉塞させ、ヒットラーが解放したという見方をしています。日本も同じ可能性を感じました。ワイマールを調べようと思います。2021/06/28

kiwichika

7
2020年に書かれた本ですが、2021年を迎えた今読んでもなるほどと頷ける内容。馬渕氏のグローバリズムへの警鐘は、昨今の世の中に対する違和感に答えるものではないでしょうか。ポリコレなど少数の意見を過剰に擁護し、被害者と加害者を生み出し分断を煽る風潮は危険。それぞれの国がそれぞれの文化や得意分野を活かしてお互いに干渉せず良い距離感で関わっていく、それは右傾化ではなく行き過ぎたグローバリズムに対する自然な対応かなと。著者の視点を丸呑みはせず、一つの捉え方として覚えておきたいと思う。2021/01/11

PINGE

3
安倍総理の辞任発表で度肝抜く直前の執筆ということで、ふと寂しさが。にしても激動のこの数ヶ月と動き続けている現在まさに読む意義も大きい。今まさにトランプ再選なるかの人類史に残る転機。日本も武漢熱対策のいかんで国の衰退の危機。経済止めて自死が病死を上回ることになりかねない。欧州のように移民政策も失敗しそう。 最後は読後の感想から離れてしまいました。2020/11/29

いっしー

2
エビデンスが少ないので、凄く納得したわけではないが、大手のニュースにはかなりディープステート寄りの報道が多いのではと感じた。今後はニュースもただ聞くのではなく、背景を考えながら注意深く聞きたいと思う。新型コロナウィルスに関して、法律に基づいて粛々とやるのではなく法律を越えた決断をするのが政治、という記述が印象的だった。2020/09/30

つかはらあつし

1
結論は絶賛賛成だけど根拠は少な目。特に最終章は残念。大筋賛成だけど根拠がないと却って説得なくなるって言う点で残念。 僕にそこを支える力があれば、、、 2020/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16375082

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。