デジタル一眼レフすぐに上達するフォトレタッチ100

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy
  • Reader

デジタル一眼レフすぐに上達するフォトレタッチ100

  • 著者名:岡嶋和幸【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 玄光社(2020/09発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

写真を作品として仕上げていくためには、
Photoshop CSを使用したRAW現像とフォトレタッチ作業は
必須になっています。
その作業のなかで著者が実際に行っているRAW現像やフォトレタッチ、
プリントの基本ポイントを100に絞り込んでわかりやすく解説しました。

【CONTENTS】

■Chapter1:[準備編]快適なフォトレタッチ環境を整えよう
・RAWで撮ってあとでじっくり仕上げる
・二重三重のバックアップは当たり前
・バックアップ環境は最新が安心
・フォトレタッチはコピー画像を使用
・16ビットTIFFでフォトレタッチする ほか

■Chapter2:[RAW現像編]高品質の画像データを作り出そう
・ホワイトバランスはいろいろ試してみる
・フィルム感覚で自然に見せるなら[昼光]
・色温度でホワイトバランスを微調整
・[色かぶり補正]で自然な色合いに調整
・明るさは黒つぶれをなくしてから調整 ほか

■Chapter3:[フォトレタッチ編]写真の表現力と完成度を高めよう
・まずは[レベル補正]で状態をチェック
・白とびと黒つぶれは必要不可欠
・[レベル補正]で色かぶりを補正する
・彩度は低めが自然でちょうどいい
・コントラストを上げたら彩度は下げる
・トーンカーブは光を意識しながら操作 ほか

■Chapter4:[プリント編]魅力的なプリント作品に仕上げよう
・ファインプリントには見る目が必要
・最髙グレードの用紙以外は使わない
・写真の表現力は用紙で大きく変わる
・余白にこだわって好感度をアップ
・大きくしても解像度は上げなくていい ほか