はじめて哲学する本

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

はじめて哲学する本

  • ISBN:9784887598270

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

どうして、結婚したの?
なぜ、家族旅行には行かなきゃいけないの?
大人はどうして仕事に行くの?
どうして勉強しなければいけないの?
神さまは、なぜみんなを助けてくれないの?
ボクもいつか死ぬの?
…etc.

身近な問題に問いかけつづけること、疑うことが、人生を「哲学する」ということ。
リクルートから杉並区立和田中の民間人校長になって活躍し、教育にかかわりつづけている藤原先生が、「哲学」をやさしい言葉でわかりやすく解説。
子どもだけではなく、大人も楽しく読めて、かつ「人生」についてもう一度考えるきっかけとなる新しい哲学の本です。

目次

まえがきにかえて「哲学」について
大人の哀しみについて
結婚について
家族について
男と女について
仕事について
職業について
価値観について
世間体とプライドについて
依存について
自由と責任について
信頼とクレジットについて
学力と知力について
挨拶について
好かれることと個性について
倫理について
便利さとクリティカル・シンキングについて
神さまについて
公平と不公平について
天才について
懐かしさと懐かしい人について
呼称について
戦争とイジメについて
名前について
あとがきにかえて「死」について

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mya*

15
今やすっかり定評ある藤原校長の、これから先の日本を担う人たちに向けた哲学入門。世界の中での立ち位置がビミョーになってきた日本で戸惑う人や、個性ってのは自分の中にあるものだと思ってる人、人との距離感に迷う人、天才に近づきた~い!と野心的な人etc.に対して、25章の語りかけ。子供向けかと思いきや、日々子供と接している親世代にも改めて考え直す機会をくれる。哲学入門書は、定期的に出ているようだけど、大局的見地を持つ深みある大人に近づくためには、こういう知力を養う書がそれだけ必要ってことなのでしょうねー。2011/02/27

チアモン

13
小学生向けの哲学?の本。当たり前のような事を違う視点から見て伝えてくれる。考えさせられる内容だったが、これが哲学かというと・・・。う~ん。どうだろう。2015/05/02

みんと

12
当たり前すぎて、考えたこともなかった「どうして?」を真面目に考えてみる。 自我が芽生えて、感情豊かになりつつある子どもたちに、ぜひ読んでもらいたい。 思い通りにいかなくなったときに、釈然としないイライラ感を募らせるのではなく、その理由を思考してみることにより、自分自身も楽になれる。 この本に書かれていることは、道徳的な基本に過ぎないが、これをきっかけに物事を自分の頭できちんと考えられる習慣を身に付けたいものだ。2011/02/16

ころぶ

9
「死」から始まり「死」に終わる構成。哲学自体をとてもわかりやすく理解することが出来て、本当に読んで良かったと思える書籍でした。子供向けですが、良い絵本のように深さがあり大人も十分読み応えがあります。考えさせられる。2011/10/09

paseri

7
現代を生きる人々が忘れかけている、大切な事を教えてくれる本でした。小中学生向けに書かれた本ではあるけれど、大人こそ読むべきかもしれません。学生の時にこういう授業を受けたかったな。2015/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/620246

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。