ちくまプリマー新書<br> 10代と語る英語教育

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,078
  • Kinoppy
  • Reader

ちくまプリマー新書
10代と語る英語教育

  • 著者名:鳥飼玖美子【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 筑摩書房(2020/08発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784480683847

ファイル: /

内容説明

大学入学共通テストへの英語民間試験導入が突然、延期となった。政治には無関心と言われる10代の若者はなぜ立ち上がったのか? SNSや国会前でのデモなど、大きな役割を担った三人に取材し、大学入試改革とは何か、英語教育はどうあるべきなのかを解き明かす。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

28
大学入学共通テストは、英語民間試験、記述式問題という二本柱を失いましたが、英語民間試験を外し記述式問題を外したまま、実施(46頁)。この1月の過去問をみると、結構、受験生のスコアが高いということだ。次は難化させるのがふつうだと理解できる。国語は、現代の国語と言語文化が必修。論理国語、文学国語、国語表現、古典探究は選択新設(57頁)。私は社会の歴史総合、地理総合、公共、歴史探究、地理探究、政経、倫理しか知らなかった。2021/09/02

坂井克

3
大学入試改革がどうして失敗になったのか、反対運動に活躍した3人の高校生が中心に書かれている。入試改革には失敗のないように、丁寧に議論する必要があるので本当はかなりの時間を必要とする。しかし、無理な期限設定をするから結論ありきの会議になってしまったように思える。より良い入試制度を検討することは大切なことであると思うので、今度こそじっくり時間をかけて議論してもらいたい。2020/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16208192

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。