かわいそうな歴史の国の中国人〈新装版〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader

かわいそうな歴史の国の中国人〈新装版〉

  • 著者名:宮脇淳子【著】
  • 価格 ¥891(本体¥810)
  • 徳間書店(2020/07発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784198651244

ファイル: /

内容説明

《待望のニュー・クラシック・ライブラリー版》
平気でウソをつき、ウソを本当にしようとする
中国人の強さの秘密は、中華文明の弱さに理由があった。


新型コロナウイルスの感染源でありながら、
いつの間にかウイルス対策の救世主としてふるまっている中国――
中国人はなぜかくも露骨にウソをつき、世界に不信を蔓延させるのか。
その原因をたどっていくと中国の歴史にたどり着く。

中国五〇〇〇年の歴史などと豪語するが、
実際には王朝ごとの断絶した歴史しかなく、
皇帝と官僚たちの点と線だけの統治では、民は収奪の対象でしかなかった。
かつて国家が国民を守ったことなど一度たりとない。
ないないづくしの歴史の国の中国人だから、残酷なくらい利己的にならざるをえなかったのである。
習近平は中華文明を復興するというが、
じつは中華文明そのものが不毛の原因だったのである。

コロナ禍で、さらに露わになってきた中国人の本質を
透徹した歴史認識によってあぶり出した日本人必読の書。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カナッパ、ユイッパ

1
(★4.5) 最近の本の傾向で、大袈裟で誇大広告気味のタイトルが多いように思います。 しかし、本書は違います。本当に本の内容をよく示すタイトルが付けられています。 本当に中国人のことが良く分かり、確かに可愛そうな歴史を持つ悲哀を感じます。だと言っても、日本人に対する攻撃性と嘘は許せるものではありません。 また、本書に記載の書籍が読んでみたくなります。その意味で読書好きには、なお良い書籍だと思います。2020/12/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16165276

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。