やわらかな知性 認知科学が挑む落語の神秘

個数:1
紙書籍版価格
¥2,420
  • 電子書籍

やわらかな知性 認知科学が挑む落語の神秘

  • 著者名:野村亮太【著】
  • 価格 ¥2,178(本体¥1,980)
  • 株式会社dZERO(2020/07発売)
  • ポイント 19pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784907623296

ファイル: /

内容説明

落研出身の認知科学者は、前人未到の研究分野に飛び込んだ。日本初、実証研究の成果を書籍化

落語はなぜ、こんなに面白い?
落研出身の認知科学者は、その答えを探すため、
前人未踏の研究分野に飛びこんだ。
落語を知らない「論文の査読者」を納得させた独創的な仮説と実証実験。名人の口演分析から見えてきたメタ・コミュニケーション。
認知科学による落語研究、初の書籍化。

【著者】
野村亮太
認知科学者、数理生物学者、早稲田大学人間科学学術院准教授。1981年、鹿児島県に生まれる。2008年、九州大学大学院で人間環境学府行動システムを専攻し、期間を短縮して修了。2018年、東京理科大学大学院工学研究科経営工学専攻修了。博士(心理学)、博士(工学)。2020年4月より早稲田大学人間科学学術院にて劇場認知科学ゼミを主宰。大学時代は落研に所属し、研究者になってからは「落語とは何か」を追求している。著書に『プログラミング思考のレッスン―「私」を有能な演算装置にする』(集英社新書)などがある。

目次

序 章 認知科学はいかにして落語を捉えるか
第一章 巧妙な「状況モデル」と微細構造
第二章 「遊びのフレーム」とメタ・コミュニケーション
第三章 「まばたき同期」という糸口
第四章 「落語学」という企て
終 章 落語はだれがどのように研究してきたか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カエル子

5
長らく積読していた一冊。落語の入門書と併読してみたら興味深くてシビレタ。噺を聴いて想像力を働かせる能動的な態度と噺家が提供する素材を想像力の材料として受け入れるという受動的な状態を同時かつ無意識に楽しむ体験へと客を導く噺家のうまさ。噺の中にあるコミュニケーションを巧みに口演する噺家と、あいまいさを許容する「やわらかな知性」で柔軟に聴く客とのメタ・コミュニケーションが落語を面白くしているのではないかと。この「認知科学による落語研究」を参考に、インタビューの極意について研究してみたくなってる自分がいる…。2024/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16069099
  • ご注意事項