しかのこのこのここしたんたん(1)

個数:1
紙書籍版価格
¥715
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

しかのこのこのここしたんたん(1)

  • 著者名:おしおしお【著】
  • 価格 ¥759(本体¥690)
  • 講談社(2020/07発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065202456

ファイル: /

内容説明

優等生の虎視虎子は登校中、
顔に何か冷たいものが当たるのを感じた。
ふと上を見ると、そこには鼻水をたらし、ツノが電線に引っかかって
身動きが取れなくなっている女の子がいた。
鳥たちから猛攻を受ける彼女を助ける虎子。
だが彼女こそが、虎子の人生をかき乱す元凶となる鹿乃子のこだった!
一人の少女(元ヤン)が一人のシカ(?)に出会う
ガール・ミーツ・シカ物語開幕!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わたー

15
★★★★★謎のパワーでグイグイ進み、気がつけば読み終わってしまった。ナニコレ怖い。元ヤンの虎視さんが出会ったのは、電線にぶら下がる頭から鹿ツノ生やした女子高生だった…という、著者の高度な画力をふんだんに無駄遣いしたノンストップシュールギャグ。うるせえこまけえことはいいんだよと言わんばかりのテンポ感が最高。Twitterで、強制的に元気になるドリンク剤的な作品だと言われているのを見かけたが、まさにその通りだった。2020/07/17

びぜんや

6
個人的「2015年おすすめランキング」第1位、「神様とクインテット」のおしおしおさんが久々に新作を引っ提げて復活。あの後、猫画像でプチブレイクしたり、泣き顔絵師として活躍していたりしたので更生したのかと思っていたんですが……。更生してませんでしたね(笑)。 とにかく頭で理解しようとすると脳の結線がショートしそうな勢い任せのギャグの連続。一気読みすると疲れますね、これ。でも、気持ちよくテンポをぶった切って来る破壊的なリズムがだんだんクセになってきて、期待通りにパンチ十分な新作です。★★★★☆2020/07/18

arsogit

2
なんかよくわからないが謎の勢いにあふれたカオス系ギャグ作品。読むタイミングによっても印象が変わりそう。絵がとっても可愛い。2023/12/22

alleine05

2
絵はわりときれいで可愛いのに非常にカオスなノリの作品だった。あまりにカオス過ぎてちょっとついていきづらかったな。個人的にはもうちょっとまともにストーリーが進む方が好み。2020/07/19

niz001

1
アニメのPV見てつい買っちまった。ちょっと後悔している(褒め言葉?)。妙な引きで次巻へ。2024/03/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16127215
  • ご注意事項