相克のイデア マツダよ、これからどこへ行く

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader

相克のイデア マツダよ、これからどこへ行く

  • ISBN:9784296105311

ファイル: /

内容説明

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

自動車メーカー、マツダの革新をデザインで引っ張ってきた人物、前田育男に問う。

伝統と革新、不易と流行、マスとニッチ、合理と無駄、光と影…。その相克の果てに見る夢とは。そして、その光景を胸に彼はマツダをどこに連れて行こうというのか。

「RX-8」や3代目「デミオ」といった名車のデザインを手がけ、2009年にデザイン部門のトップに立つや、デザインプロセスを大胆に変革、「魂動」コンセプトの下、生命感あふれるデザインの車を生み出してきた前田。現在は常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当を務め、マツダを「豊かな」ブランドにするべく疾走を続けている。その前田は言う。ここまでは来た。ただ道は遙かに遠く、葛藤はこれからも続くと。

本書は、その答えを探る談論の記録である。

目次
【第1章】たまらぬものなり
【第2章】「攻め」と「自己抑制」
【第3章】80年代に私たちが失ったもの
【第4章】ときには、心が折れることもある(ゲスト:京焼窯元 真葛 六代宮川香齋氏、宮川真一氏)
【第5章】ロータリーエンジンと日本刀(ゲスト:刀工 高見國一氏)
【第6章】「やっぱり言い訳は、あかんと思います」(ゲスト:古美術商 てっさい堂 貴道俊行氏、貴道裕子氏)
【第7章】で、マツダはこの先どこに行く? (ゲスト:武蔵野美術大学 学長 長澤忠徳氏)
【第8章】100点満点では人の心は動かせない(ゲスト:漆芸家 七代金城一国斎氏)
【第9章】ちょっとアレはないわ
【付 論】70年前の「相克」~インダストリアル・デザイナー小杉二郎氏が手がけたクルマの仕事~

目次

【第1章】たまらぬものなり
【第2章】「攻め」と「自己抑制」
【第3章】80年代に私たちが失ったもの
【第4章】ときには、心が折れることもある(ゲスト:京焼窯元 真葛 六代宮川香齋氏、宮川真一氏)
【第5章】ロータリーエンジンと日本刀(ゲスト:刀工 高見國一氏)
【第6章】「やっぱり言い訳は、あかんと思います」(ゲスト:古美術商 てっさい堂 貴道俊行氏、貴道裕子氏)
【第7章】で、マツダはこの先どこに行く? (ゲスト:武蔵野美術大学 学長 長澤忠徳氏)
【第8章】100点満点では人の心は動かせない(ゲスト:漆芸家 七代金城一国斎氏)
【第9章】ちょっとアレはないわ
【付 論】70年前の「相克」~インダストリアル・デザイナー小杉二郎氏が手がけたクルマの仕事~

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

志定こみた

1
マツダのデザイナー前田育男、ジャーナリストの仲森智博のコンビと、様々な職人や芸術家がモノ作りや美意識について語り合う。 写真を通してであるが素晴らしい工芸品や芸術作品に触れられたし、普段は読まないような高尚な話も読めて良かった。 マツダ車はともかく、最近の日本車は面白味がないと感じていたのだが、いくらかその理由が納得出来た。マツダには面白味に溢れた車作りを続けて欲しい。 刀匠の話で、器用な人、弟子としてすごかった人は残っていないか大成していないというのが印象に残った。2020/08/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15772748

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。