講談社現代新書<br> 日本人と山の宗教

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

講談社現代新書
日本人と山の宗教

  • 著者名:菊地大樹【著】
  • 価格 ¥1,045(本体¥950)
  • 講談社(2020/07発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本各地には「霊山」と呼ばれる、信仰の対象になっている山が数多くあります。そしてその山を信仰を対象とする、仏教とも神道ともつかない独特の宗教体系が、それぞれの地域で発展してきました。その形態は世界の宗教誌においても非常にユニークな位置を占めています。近年「山ガール」という新語まで誕生したように、日本人の山への愛着には非常に深いものがあります。しかしなぜ、日本人はこんなにも山が好きなのでしょうか、そのルーツはどこにあるのでしょうか? 本書は、日本人と山の「つきあい」の歴史をこれまでにない視点から辿る、ユニークな「山と人との宗教誌」です。

目次

序章 第一章 山の宗教の現像 第二章 山の宗教の変質 第三章 山の宗教と中世王権 第四章 山の宗教の裾野のひろがり 第五章 山の宗教の定着と近代 終章