NHK出版新書<br> 今ここを生きる勇気 老・病・死と向き合うための哲学講義

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

NHK出版新書
今ここを生きる勇気 老・病・死と向き合うための哲学講義

  • 著者名:岸見一郎【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • NHK出版(2020/06発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784140886243

ファイル: /

内容説明

本書は、ベストセラー『嫌われる勇気』の著者のNHK文化センター講座「よく生きるための哲学」に“幻の第6回講義”を加えて再構成し、書籍化するものです。孫をもつ年齢に達した著者が、同世代の読者に向けて、「老・病・死」にまつわる自らの体験を軸に、人生の分岐点をポジティブにとらえる思考法を解説します。
 類書との大きな違いは二つ。一つは、実際の講座での語り口調を生かし、各講座後の受講生の質疑応答も付した、著者初の講義形式の本であること。もう一つは、ギリシア哲学・アドラー心理学から家族論まで、これまで著者が個別に取り上げてきたテーマを章ごとにまとめることで、いわゆる“岸見哲学”のエッセンスを本書一冊で丸わかりできる点です。
 第1講では専門のギリシア哲学を題材に、「哲学がなぜ必要なのか」「どんなときに役立つのか」について問います。そこで例に挙げられるのが、25歳のときの母親の介護体験です。母親の死の絶望感から救ってくれたのが哲学だったこと、そしてその経験が「幸福とは何か」を考えるきっかけになり、三木清の哲学に触れることで「幸福とはオリジナルなもの」であることを知り(第2講)、アドラー心理学を学ぶことで「他者は敵ではなく仲間であること(共同体感覚)」(第3講)を理解したことが語られます。
 そうして年齢を重ねた著者は50歳のときに、今度は自らが心筋梗塞で倒れ、死の淵をさまようことになります。そこからの蘇りの中で考えたテーマが「老・病・死」について(第4、5講)。老いること、病気になること、死ぬことは絶対に避けられないし、変えられない。では変えられるものは何かと問えば、それは自らの「意識」以外にはないことに思い至ります。絶望するのではなく、希望をもつこと。「どのような状況にあっても生きられるという希望があるからこそ、死という現実を前にしても人は生きられる」と著者はいいます。
 結論は、今ここに目を向け、一瞬一瞬を真剣に、丁寧に生きること。「生きているだけで素晴らしい」――そう言える「勇気」を本書から学びます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミライ

38
「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」の岸見一郎さんの新刊は、岸見さんがNHK文化センター京都教室で実施した哲学講義をまとめたもの(コロナ騒動の影響で行われることの なかった幻の講義も収録)。アドラー心理学をベースに幸せになる方法や、対人関係の悩み、死や老いや病から学ぶことだったりと哲学的な内容が語られる、とはいえ哲学書のように難解ではない。言いたいことは過去や現在に囚われることなく「今を生きよう」ということ、読み進めていくといろんな気付きもあり読んだ後元気が湧いてくる一冊だった。2020/05/20

ユカ

8
一番聞きたくなかった「今の人生が本当の人生」 ですよね…知ってた。知ってたよ。でも認めたくなかった。今は「本当の人生」のための準備期間ではない。リハビリ期間でもない。あと響いたのは誰からも嫌われてない人は自分の人生を生きていない、ということ。志らくさんも似たようなこと言ってた。全体通して実用性のあるお話ばかりだった。2020/08/02

emuuwaii

7
久々に著者の本を読む。全6回の講義録。アドラー心理学は目的論とのこと。「哲学とは・・・生活者としていわば地に足をつけて物事を考えるということ」との言葉にそうなのかとびっくり。「今ここ」を大切にする姿勢はそうだなあと思いつつも、余裕がないときには厳しくて頭に入らない気もする。筆者の考えを聴いて、どう考えるかと問われているという感じの読後感。悲観的でも楽天的ににもならず「楽観主義」に立つというのはなるほどと思いました。2020/09/27

peko

2
講義形式で、アドラー哲学をとても理解しやすかった。何もできなくても、何もしていなくても、「今ここに」生きているだけで誰かを幸せにし、幸せを感じる。わかるような、でもいざとなればとても難しい。2020/10/25

あんこちゃん

1
これまで何冊か読んだ岸見氏の著書と重なる内容も多いが、励まされる言葉が多かった。 以下は引用 「幸せになるのではなく、幸せである」 「一般的な人生の意味はない。人生の意味はあなたが自分自身に与えるものだ」 「人からの評価は自分の価値や本質とは関係がない」 「人生でなにもしない時期があってもいい なにもしないことを悪だと思わないこと 病気であったとしても生きているだけで価値がある」

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15680814

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。