集英社文芸単行本<br> 月の客

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文芸単行本
月の客

  • 著者名:山下澄人【著】
  • 価格 ¥1,683(本体¥1,530)
  • 集英社(2020/07発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087717136

ファイル: /

内容説明

書かれたとおりに読まなくていい。どこから読んでもかまわない。一気読みできる本のように、一望して見渡せる生など、ない。「小説の自由」を求める山下澄人による、「通読」の呪いを解く書。父はおらず、口のきけない母に育てられたトシは、5歳で親戚にもらい子にやられた。だがその養親に放置され、実家に戻ってきたのちトシは、10歳で犬と共にほら穴住まいを始める。そこにやってきたのは、足が少し不自由な同じ歳の少女サナ。サナも、親の元を飛び出した子どもだった――。親からも社会からも助けの手を差し伸べられず、暴力と死に取り囲まれ、しかし犬にはつねに寄り添われ、未曽有の災害を生き抜いたすえに、老い、やがていのちの外に出た<犬少年>が体験した、生の時間とは。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さっとる◎

39
なあ、あんたらみたいなん、はみ出しもん言うんやで。なあ、そうやろ?何でそんなふうに 息して吐いて 息して 坂登って おれるとこにおって もう息せんなったもん 燃やして 息して 腹減って 息して 食べれるもん食べて 好きじゃなくてもやって 好きじゃないとか笑う 息して そうやって そんなふうでやってれるん ただ生きてるだけやんそんなの ただ生きてるだけ ずっと続くがずっと続くから始まりがもうわからへん なあ 前は月なかったな いぬはずっとおるな 息して 飽きたか 安心しいや、生きてたら ちゃんと息とまるねん2021/02/05

麻衣

33
犬が、ついてくる。そんなわけあらへんわな。あれ、あれよと言うまに時に日に月に年は流れていったから、わたしらの背中は終の夜みたいに、そこに大きな月が出ていた。どこまでも朧げであるそれを、明日もこれとあれをみるのだと思った。吠えた。話したくはなかったから。通じた。通じるものもあった。生きるのはいつも単数だったから、複数になった時には急にもどかしかった。骨は流れたその日に弔った。分度器で測ったかのような正確な半円を撫ぜたとき、こわいと思った。それが怖いだったか強いだったか硬いだったか、今ではもう覚えてもない。→2021/01/13

Y2K☮

31
著者初読み。劇団を主宰していた人なのか。確かにこれは赤テントや小劇場の舞台で見たい。いぬと共に生きる少年トシ及び彼と交わった人たちの生涯=まさに「世界から放り出された者たちの声」だ。どのページを開いても淡々と流れる理不尽な日常。実際にこういう生き方をしている人もいるのだろう。世界を肯定も否定もせず、ただ目の前にあるから受け入れるというか身を置く。本当はどうしたいという希望はあったりなかったり。途中から作者もこの作中界隈の住人となっていたような。人生は壮大な暇潰し。だからこそ視えない心の声をひとつ残したい。2020/07/06

田氏

26
読んだ、なんやこれ、小説なんかいな ほんまあくたがわとかとるようなひとはわからんな 頭ん中 うるさいねん あれやんな abさんごいけるんやったらいけるんちゃう いけたもんな、じっさい 読めるわ 読めている、しょうせつ、殴られている、言葉にか、言葉をひとつひとつ丁寧にぶちまけて、胸が、膨らんで、縮んで、風船が、繰り返していて、繰り返しているうち、なんや出てきたな、わおーん、穴の奥に向かってラザロと呼びかけたら、はーい、出てくるし、なあなあ、自分あと何回くらい吸って吐いてするんかな、めんどくさやな、 続けて2020/10/12

メセニ

13
いやはや。凄いものを読んだ。まず『鳥の会議』の衝撃を思い出す。が、それ以上の体験かもしれない。世界からハブられた者たちの「声」と、独特なリズムを持つ「語り」が読者を畳み掛ける。ただしその輪郭は溶ける。端から溶けている。時系列もてんでばらばら。分かろうと追いかけた瞬間に逃げる。だから手繰り寄せる。彼らの生の気配のようなものを。と同時にもう死んでいるのかもしれないとも頭を過る。”一望して見渡せる生など、ない”と帯にある。今この瞬間の思考に例えば昨日も明日も同時にあって、2020/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15789727

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。