ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか

  • 著者名:酒井大輔【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 日経BP(2020/06発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 480pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784296106721

ファイル: /

内容説明

【全編コロナ後、書き下ろし!「ワークマン初のビジネス書」誕生】
作業服専門店がアウトドアショップに転身!?
商品を全く変えず、売り方を変えただけで2倍売れた、
「アパレル史上に残る革命」の舞台裏を渾身ルポ!

消費増税も、新型コロナ禍も、全く揺るがぬ右肩成長。
ワークマンはなぜ、強いのか。その強さは、本物か。
ビジネスモデルのすべてに迫ったノンフィクションの決定版が登場。

●新業態「ワークマンプラス」は、なぜ生まれたのか?
●「ワークマンを変えた男」とは?
●実は「データ経営」企業だった!
●販促費を全くかけずに売り切る秘策!?
●まだまだある「第2、第3のワークマンプラス」

初出し情報多数。
国内店舗数でもコスパでも「ユニクロ超え」を果たしたワークマン、
大躍進のカラクリを仕掛け人が独占激白!

目次

はじめに ワークマンとは何者か
第1章 ワークマンを変えた男
第2章 大躍進の裏に「データ経営」あり
第3章 ものづくりは売価から決める
第4章 ファンの「辛辣な文句」は全部のむ
第5章 変幻自在の広報戦略
第6章 店づくりは壮大な実験
第7章 継続率99%! ホワイトFCへの道
第8章 「変えたこと」と「変えなかったこと」
第9章 アフターコロナの小売りの未来

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きみたけ

38
ワークマンの躍進を紹介、とても面白かったです。土屋専務がCIOとして入社した時はまともな在庫データすらないところから、その後データ経営を導入し「アナログワークマン」から「デジタルワークマン」へ変身、飛躍が始まります。ワークマンを愛用するブロガーやユーチューバーと言ったインフルエンサーを取り込んだ「アンバサダー制度」や、単純比例のロイヤルティーの仕組みなど、専務の打ち出す施策に共感を覚えました。 先日テレビでワンマイルウェアが注目を浴びていて売上を伸ばしていると報道、まさにワークマンの時代到来ですね。2021/02/05

Y2K☮

33
今やアパレル業界は軒並み悲惨。だがここは株価が上がっていると聞いて読んだ。南砂町「SUNAMO」のワークマンプラスにも行った。オシャレで安くて実用的。実際着心地もいい。アンチ残業アンチ海外展開の社風、データ重視の理詰めな経営も素晴らしい。SNSで熱い発信をしているファンを身内化するアンバサダー制度は書店も取り入れるべき。商品ではなく売り方を変えただけでブレークした背景には原価率65%に迫る明快な価格設定とアウトドアに最適な機能性。何がバズるかわからぬ時代。いいものを作っていれば見ている人がいると信じよう。2020/08/19

ミライ

33
最近SNSやテレビ雑誌などで見かけるようになり、コロナ渦中も右肩成長を続ける「ワークマン」について、そのビジネスモデルに迫った一冊。2012年に入社した土屋さんという方が「商品を変えずに売り方を変える」「アナログからデータ経営に変える」舵切りをしたことでワークマンは成長。さらに早くからインフルエンサーに注目し、商品開発にも強力してもらうことで、実際に使っているユーザーに向き合った商品開発が出来たことが勝利の要因とみられる。アパレルだけでなく他の業界にも転用できる考え方なので、全ビジネスパーソンにおすすめ。2020/07/11

稲垣秀樹

29
「売る物」を変えるのではなく、「売り方」を変える この言葉が出てくるまでの会社を変えていく経営陣の姿につい惹かれてしまい、読み終わった後にワークマンさんのFC資料を見てしまいました。 2020/10/27

kubottar

25
ワークマンの名前は知ってましたが、ここまで優良店だったとは知らなかった。一度も行ったことはないけどチェックしてみるか・・。そして、この本の一番の注目点は「アフターコロナの小売店」がちゃんと書いてあったところだ。果たしてコロナとの共生状態になってしまった今、そしてこれから、商売はどうすればいいのかを考えさせてくれる本は大歓迎でした。2020/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16118378

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。