コロナのお金110番 会社と個人のお金、コロナからこうやって守れ!

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

コロナのお金110番 会社と個人のお金、コロナからこうやって守れ!

  • 著者名:八木宏之/ザビエル山田/田中健一
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • アスコム(2020/05発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/31)
  • ポイント 330pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

新型コロナウイルスによる社会活動の大停滞も、経済の大収縮も、必ず終わりがきます。
大事なことは、そのときまで、いかに大切なものを守って生き延びるか、ということです。
家族や従業員の生活を守り、そしてあなた自身が生きぬくことこそが、なによりも重要なのです。

「お金の問題」で意気消沈し、眠れないときもあるでしょう。
でも、この闘いには必ず終わりがきます。どんなに落ち込み絶望しても、けっして死んだりしてはいけません。

事業に一度失敗したら、死ななければいけないなんて絶対におかしい。
お金の問題で死ぬ人をなくしたい。そんな思いで、私は企業再生コンサルタントとして、1万社以上の相談に乗ってきました。

今回の緊急事態を受け、国・自治体・企業をはじめ様々な組織が、人びとの生活を支援する施策を打ち出しています。
給付金・助成金・無利子・無担保・貸付(融資)制度、税金や公共料金の支払い延期など、お金をめぐる様々な支援策があります。
ためらってはいけません。使えるものは目一杯使い、自分や家族、会社や従業員を守ってください。時間が勝負です。急いでください。

本書は、第1章・中小企業向け、第2章・さまざまな職業の人向け、第3章すべての人向けという3つのパートに分かれています。
それぞれのパートで、その人に当てはまる制度等を詳しくガイドしています。
とくに第1章の冒頭には、金融機関とのリスケ(リスケジュール)の交渉術を書きました。
これは、最近の銀行員でもなかなか知らない知識を使っての交渉術です。
私は、この技を使っていくつもの企業の金融機関とのリスケ交渉を成立させてきました。
しかも、うまく使えば、更なる融資を引き出すことも可能なものです。

また、第1章から第3章まで、さまざまな支援策を網羅しました。
今回、国も地方自治体も、金融機関も頑張って色んな制度をつくっています。
ただ、それぞれがバラバラに存在していて、どこにアクセスしたらいいのかわかりづらいのです。
しかも、そこに書かれている文章がお役所言葉でわかりづらかったりします。
そこで、この本の読者が必要とされるであろう情報を取捨選択し、1冊にまとめ、解説を加えました。
全体を読めば、さまざまな支援策が俯瞰で見られますし、あなたが必要な個別の情報だけを抜き出して読めるようにもしています。
巻末に「【特別収録】お役立ち連絡先一覧表」をつけました。ぜひ活用ください。