大正デモクラットの精神史 - 東アジアにおける「知識人」の誕生

個数:1
紙書籍版価格 ¥6,160
  • Kinoppy

大正デモクラットの精神史 - 東アジアにおける「知識人」の誕生


ファイル: /

内容説明

1910年代後半、東アジアにおいて「知識人」という社会集団が輪郭をあらわすようになる。吉野作造を中心とする学術団体「黎明会」の面々や、河上肇、朝河貫一ら大正デモクラットが、ナショナリズムに目覚めはじめた中国知識人たちとどのような思想的交流を展開したのか、そして小泉信三、高橋誠一郎といった「オールド・リベラリスト」たちが、どのような「理想」をもって戦後改革に参与したのかを生き生きと描き出す。