講談社文庫<br> 真贋

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
真贋

  • 著者名:吉本隆明【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2020/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062770057

ファイル: /

内容説明

「小説や詩を読むことで心が豊かになると妄信的に信じている人がいたら、ちょっと危いと思います。世の中の『当たり前』ほど、あてにならないものはありません」――今こそ「考えること」に真剣に向き合ってみませんか。突き詰めた思考の果てにうまれた、氏の軽妙かつ深遠な語りにどうぞ耳を傾けてください。

明るさは滅びの姿
「豊かさ」に隠されたもの
自分の毒に責任を持つ
人間らしい嘘は許す
困ったらインチキでもやるしかない
いいことをさりげなく、悪いことは大げさに
――<目次より>

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

142
『文学には毒がある。本を読むのは利だけでなく毒がある。それは何事にもおいてそうであり、毒が回っている人の特徴はやりすぎることだ』『ある時代の左派の金持ちみなけしからんというのはおかしい』『親鸞の考えは宗教にとどめを刺した宗教…修行はあざといということになろうか』『漱石の妻は悪妻であり、彼にとっての理想は坊っちゃんのお清である…確かに私も、妻が有名な夫のことをあそこまで言うものでないと思う』『昔の作家は、本人の人間性と文学性のバランスが取れていた。その最後の大家が川端と谷崎。現在では村上春樹ぐらいだ』2016/11/20

はっせー

61
かなり面白かった 色々な話が書いてあって自分がどのように考えたらいいかのヒントが散りばめていた 自分のなかにある毒を受け入れることが大事だということも分かった!さすが知識人だと感心した!2018/12/20

団塊シニア

49
ある視点からいえば嫌いだけれど違う視点からみればその同じ人が好きだという面を人間は必ず持っているという作者の見解には共感できる2015/08/08

佐々陽太朗(K.Tsubota)

43
読んでみて意外に簡単明瞭でした。しかし、文体がおかしい。私が記憶している氏の文章とは明らかに違う。幾分中身が薄いというか、思ったほど深くないというか、そのような印象です。なるほど、これはインタビューの書き起こし本なのですね。それにしても流石は吉本隆明氏、読んでいて目が開かれることが随所にある。氏の本を読むと物事を考えるうえでの姿勢というか、態度を学ぶことができる。ただ一点、政治に対する見方を除いてはという条件付ではあるが。政治に対する見方において、私は氏とは相容れない部分がある。2011/10/08

うりぼう

42
いじめがきっかけで、書かれた本。吉本の生きてきた日常の軌跡と行動に対する思考が淡々と述べられる。ライターがインタビューし、文章に起こし、氏が確認している。等身大の吉本氏が、そこにあり、近しく感じる。いじめっこであった氏、引っ込み思案であった氏、戦争礼賛者であった氏、親鸞の発想に傾倒した氏。ごく普通の人である。書いてあることもごく普通で当たり前のこと。かつてない時代を生きる人類、手探りですることは「よさそうでかつ害のなさそうなことをやる。小規模でもやっていく」これが対処法である。いいことをいいと言っても無駄2012/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3362001

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。