ちくま新書<br> 平成政治史 ──政界再編とポスト冷戦型社会運動

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ちくま新書
平成政治史 ──政界再編とポスト冷戦型社会運動

  • 著者名:大嶽秀夫【著】
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 筑摩書房(2020/05発売)
  • あじさいの季節!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/7)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

冷戦の終焉とともに始まった平成政治。選挙制度改革による政権交代の実現と、自民党一党優位制打破が期待されたが、細川・村山政権や民主党政権に国民が失望する一方で、危機に立たされた自民党は自公連立、小泉改革、安倍政治によって政権の盤石化に成功した。なぜこのような結果になったのか。各政党の動きとその時々の内外の政治課題を巧みに織り交ぜて解説しつつ、SEALDsや脱原発運動、在特会など新しい社会運動の動向にも注目。激動の三〇年を俯瞰する政治史決定版。

目次

序章 一九九〇年代における日本政治の転換
第一章 平成の自民党
第二章 日米構造協議と日本異質論
第三章 平成の自民党
第四章 平成の社会運動
第五章 原発推進と脱原発
第六章 民主党政権
第七章 創価学会と公明党
第八章 日本共産党
第九章 平成の自民党
第十章 平成の日本外交
終章 民進党から立憲民主党へ