中国が世界を攪乱する―AI・コロナ・デジタル人民元

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

中国が世界を攪乱する―AI・コロナ・デジタル人民元

  • 著者名:野口悠紀雄【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 東洋経済新報社(2020/05発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/31)
  • ポイント 540pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

2018年以降、米中貿易戦争が世界経済に大混乱をもたらした。
2020年、新型コロナウイルスの感染が世界に広がった。
感染源とされる中国では経済活動が徐々に平常化しているが、欧米をはじめ各国では依然、予断を許さない。
これらのできごとを通じて見えてきたものは何か?

中国は人類の長い歴史において世界の最先端にいたが、
16世紀頃から状況が変わり、とくにアヘン戦争以後は衰退がめだっていた。
しかし、最近の中国の躍進ぶりを見ると、昔の歴史が復活してきたように見える。
超長期の観点で見ると、これは「歴史の正常化」なのだろうか?

歴史の正常化とは、単に中国が大国化するというだけでなく、社会の基本原理に関する対立が復活することなのかもしれない。
分権的で自由な社会を作るのか、集権的で管理された社会を作るのか。
米中経済戦争やコロナとの戦いの本質は、未来社会の基本原理をめぐる戦いだと捉えることができる。
われわれは、いま、歴史の重要な分岐点にいる。

目次

はじめに
第Ⅰ部 米中経済戦争の進展
第1章 新型コロナウイルスは経済活動をどの程度落ち込ませるか?
第2章 米中の制裁関税で大きく落ち込む貿易
第3章 複雑化した政策対応
第4章 米中ハイテク戦争
第5章 リブラ vs. デジタル人民元
第6章 アメリカでは危機感拡大、日本は危機感欠如
第Ⅱ部 長い停滞から脱し、世界の工場からIT先進国へ
第7章 なぜ中国は長期停滞に陥ったか?
第8章 長期停滞から脱して世界の工場へ
第9章 アリババの大躍進
第Ⅲ部 未来への驀進に危険はないか?
第10章 信用スコアリングの光と陰
第11章 中国スタートアップ企業の目覚ましい躍進
第12章 中国の未来
終 章  コロナウイルスに見る中国国家体制の強さと弱さ