―<br> 白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE ~はじまりの罪~

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン


白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE ~はじまりの罪~

  • ISBN:9784041092576

ファイル: /

内容説明

この世界には天空に浮かぶ『白の王国』、地を這う『黒の王国』が均衡を保ちつつ循環していた。しかし、その均衡は魔獣バールによって崩され、二つの国は共闘することになるが、あらゆる陰謀がうごめき――?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

るな

2
やっと読み終わりました。ゲーム内のストーリー飛ばしがちだったので脳内補足にも良かったし、ところどころくすっと笑えるところもあって、面白かった。でもやっぱりこれは泣きますね。切ない。アイリスは本当に過酷な運命を背負っている(いた)んだなぁと改めて思いました。白猫プロジェクトはゲーム内ストーリーを飛ばしがちだから、メインストーリー13章も読まないとだなぁ。アベルのくだりもちゃんと読めてないし、改めて復習しないと。2020/06/06

welnekowc

2
最近は白猫を殆どやってなかったにも関わらず、書店で見かけて思わず手に取ってしまった書籍。 ゼロクロニクルはまだバリバリプレイしていた頃のものだったからしょうがないよね…w ただ内容は、描写表現があまり好きではなく、序盤は読み進めるのが少し億劫だった。 中盤に入る前くらいから慣れだして、各キャラ視点で心情がわかっていったのは新しい発見もあって笑えたし楽しかった。 グローザはあまり出番が無かったのが残念。 黒の国の商人のおじさんはいい味出してて好きだった。 アニメは観ていないから、復習で観ていこう。2020/05/06

momo

1
おもしろい。ストーリーがダイナミック。また本編は群像劇となっている。2020/12/11

水城

0
ゲーム引退したけどゼロクロストーリーは好きなので読めて良かった2021/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15520972

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。