Kラノベブックス<br> よくわからないけれど異世界に転生していたようです3

個数:1
紙書籍版価格
¥1,430
  • 電子書籍
  • Reader

Kラノベブックス
よくわからないけれど異世界に転生していたようです3

  • ISBN:9784065193594

ファイル: /

内容説明

孤児の少女レンは10歳の時に、自分がかつて地球と呼ばれる世界で三十代半ばの男性研究者として生きてきたことを思い出す。過酷な異世界にひとり放り出されたレンは、前世の科学知識と生まれ持った魔法の才能で運命を切り開いていった。冒険者生活を経て11歳となったレンは、ノルンとベルのフェンリル母子をお供に王都に出て工房に間借りし、鍛冶修業を始める。そこで思いがけず再会した孤児院時代の旧友の少女達。最底辺の冒険者としてその日暮らしの生活をしていた友人達を見過ごせず、レンは援助の手を差し伸べる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ささきち

7
1人にバレれば当然全員にバレて再会するよね~女子組は問題ないどころか普通に仲が良いし個人的にはクロレンの甘々空間が凄く好きですね!もっとイチャついて欲しいんだぜ。野郎は全員ゴミクズだと思っていたが唯一レンに友人枠に入った常識人のマリクルが救いだったが3バカダメだな~早く消えて5人パーティになってくれないかなーと思いきやまさかリューが覚醒して凡人になるとは考えていませんでしたよ。それでも0付近にいるからまだまだこれからよね、ケインとボーマンはとっとと離脱してくれや。今回は魔物と戦わずずっと鍛冶関係のスキル 2021/04/29

さとさとし

2
飼い巨大犬とともに大きな街へ。人を助けたり、ギルドに登録してクエストをこなしたり、新しい料理を開発したり。特に大きな目的はないが、ゆるゆる楽しい。2022/03/27

ゆうきゆうき

0
孤児院時代の友人達と合流!そして意外すぎる成長。あーそうくるかぁ。いいね。混ぜるな危険の方も言われてみればどっちも思い込みの激しい視野狭窄タイプだから気が合うだろうなぁ。動きの少ない回だけど、楽しく読ませてくれるのはいいね。うまい。2024/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15528610
  • ご注意事項