イノベーションを生む“改善”[固定版面]

個数:1
紙書籍版価格
¥4,840
  • 電子書籍

イノベーションを生む“改善”[固定版面]

  • 著者名:岩尾俊兵
  • 価格 ¥4,840(本体¥4,400)
  • 有斐閣(2020/03発売)
  • ポイント 44pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784641165571

ファイル: /

内容説明

日本企業の競争力の源泉ともいわれる改善活動。細かな改良を地道に続けるというイメージは,実態に即したものなのか。現場に入り込む事例研究やシミュレーションをも駆使し,活動の連鎖から大きなイノベーションを創出しうる可能性と,その条件を探求した意欲作。

目次

第1章 改めて改善活動の意義を問い直す:イノベーションと組織の視点
第2章 巨人たちは何を発見し何を見過ごしたか:本書の位置づけと理論的考察
第3章 問題解決の連鎖としての改善活動:トヨタ自動車の事例
第4章 改善活動の3類型という発見:日本の自動車4社の完成車工場比較
第5章 改善活動をめぐる技術戦略と組織設計:シミュレーションによる検証
第6章 分権的改善活動の定着には何が必要か:IMVP調査と事例研究
第7章 ライン内スタッフ組織の成立条件:関係者の回想
第8章 イノベーションを生む改善:全社組織設計という隠された論理

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HOHHOO

3
改善とイノベーションの関係について。話題になっていたので読んでみた 改善活動はイノベーションなのか、という点が出発点 小さな改善活動であっても、組織の取り上げ方次第によっては大きなイノベーションとなりうる 緻密な文献研究、定性定量リサーチ、さらにはシュミレーションなど多角的に検証を行なっている。これが経営学の最先端か…感銘2020/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14954528
  • ご注意事項