講談社文庫<br> 江戸城の宮廷政治 熊本藩細川忠興・忠利父子の往復書状

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
江戸城の宮廷政治 熊本藩細川忠興・忠利父子の往復書状

  • 著者名:山本博文【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 講談社(2020/03発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062633369

ファイル: /

内容説明

幕藩体制が整う寛永時代までは、江戸城大広間は、大名みずからが命運をかけてたたかう戦場でもあった。現代日本の政治風土をつくった江戸時代初期の権力抗争を、熊本藩の細川忠興・忠利父子の残した膨大な往復書簡から解読する、歴史ノンフィクション。『江戸お留守居役の日記』の気鋭の歴史学者が放つ傑作。室町時代から現代まで、細川家繁栄の謎にせまる!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

フク

4
忠興は武断派のイメージが先立つが、なかなかどうして立ち回りがうまい。なんだかんだで幽斎の子らしい。 そして忠利は輪をかけたように気がきく。2018/01/26

トメ

0
筆まめと言われた細川忠興とその跡を継いだ忠利の書簡を通して当時の江戸幕府の内状を時系列に沿って解説した本。非常に読みやすいのと、細川家が徳川の世で残るためにどうしたらいいかという忠興の思いと、忠利の父を思う気持ちがそこかしこにあって読んで良かったなぁと。あと、伊達政宗のエピソードのところはさすが伊達さん…と思いました。ホントに忠興さんに「キツネついてんじゃね?」って言われてたとは。細川親子の書簡を通してなので、当然細川親子の最期までの江戸幕府の流れです。幼少家綱に忠興がかけた言葉が心に残りました。2013/09/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/606795

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。