集英社新書<br> モーツァルトは「アマデウス」ではない

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader

集英社新書
モーツァルトは「アマデウス」ではない

  • 著者名:石井宏【著】
  • 価格 ¥869(本体¥790)
  • 集英社(2020/03発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

西洋音楽史の常識を覆す、衝撃の真実! モーツァルトは二度「殺された」。今日、「アマデウス」と言えば、多くの音楽ファンが、夭逝した18世紀の天才作曲家・モーツァルトのことを思い浮かべるだろう。しかし当の本人は、生前「アマデウス」と呼ばれたことも、名乗ったことも、まして署名などしたこともなかった。嘘だと思うなら、本書をご一読いただきたい。モーツァルトは、ある時期から自筆の楽譜に「アマデーオ」と、書簡の類には「アマデ」とサインし、その名を死ぬまで大切に使い続けた。それはなぜか。なぜなら、それはモーツァルトにとって唯一の宝であり、自身を支える矜持だったからだ。にもかかわらず、生涯大切にした最愛の名前を、死後、誰が何のためにモーツァルトから引き剥がし、似て非なる「アマデウス」に改竄してしまったのか……。著者は、不遇のうちに35年の短い生涯を終えた天才の渇望と苦悩に寄り添いながら、その謎を解き明かし、さらに西洋音楽史の欺瞞にも切り込んでいく。

目次

序曲 名前の話
第一章 親からもらった名前
第二章 ヴォルフガングとアマデーウス・モーツアルト的
第三章 悪夢への前奏曲
第四章 悪夢のドラマ
間奏曲 第一≪バスティアンとバスティエンヌ≫の怪
間奏曲 第二 ジュゼッペ・アフリージョ
第五章 イタリアの陽光
第六章 アマデーオ降誕
第七章 ドラマの終わり
第八章 ウィーンの亡霊たち──陰謀・噂
第九章 モーツァルトの死
第一〇章 ドイツ語圏に家がない
フィナーレ アマデーオ、孤高の王国
アンコール だれがアマデウスを作ったか
あとがき
蛇足
主な参考文献
巻末付録 モーツァルトの生涯の署名一覧(作品における署名
手紙における署名)