山と溪谷社<br> 奥多摩 山、谷、峠、そして人

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

山と溪谷社
奥多摩 山、谷、峠、そして人

  • 著者名:山田哲哉
  • 価格 ¥1,408(本体¥1,280)
  • 山と溪谷社(2020/03発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

奥多摩に通って50年余り。大きく変わった奥多摩の表情と、今も変わらない山々の魅力に迫る。

『山と溪谷』誌に18年1月号からの連載「奥多摩 山、谷、峠、そして人」に加筆し書籍化。
川苔山、三頭山、雲取山など、ハイカーに人気の山々から、
飛龍山、将監峠、唐松尾山といった訪れる人の少ない多摩川源流域の山まで、
奥多摩を熟知した山岳ガイドの著者が山々の個性を綴る。

著者が山登りを始めた約半世紀前の奥多摩と、現代の山を行き来しながら、
奥多摩の魅力、変わったもの、変わらないものを見つめる。

前著『奥秩父 山、谷、峠そして人』(2011年)に続く、待望の一冊。

■掲載する主な山
笠取山/棒ノ折山/浅間尾根/川苔山・逆川/酉谷山(黒ドッケ)/大常木谷/三窪高原と倉掛山/
小河内峠/生藤山、三国峠/奥多摩の大雪/三頭山/雲取山/唐松尾山/奥多摩の森、花...何が起きたのか/
川苔山。最も変化に富んだ、手ごわい山/秋川上流の沢/奥多摩主脈の中核・御前山/奥多摩の入口・高水三山/
北秋川、日原、一ノ瀬高原...奥多摩の集落/奥多摩の林道、車道。できる前、できた後/鷹ノ巣山、六ツ石山/
鶴川上流と、秋川上流を分ける笹尾根