講談社文庫<br> 刑事の怒り

個数:1
紙書籍版価格 ¥836
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

講談社文庫
刑事の怒り

  • 著者名:薬丸岳【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 特価 ¥585(本体¥532)
  • 講談社(2020/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065184035

ファイル: /

内容説明

心をえぐられたとしても、彼だけはあきらめない。

刑事・夏目信人シリーズ第四弾。
涙が溢れるだけでは終わらない。

年金不正受給、性犯罪、外国人労働、介護。
社会の歪みが生み出す不平等に、虚しさを抱えつつも懸命に前を向く人々。
非力な彼らを餌食にする犯人を前に、刑事のまなざしが怒りに燃える。
私たちが願うのは、被害者の幸せだけでいいのだろうか。

現代の闇に根差す凄惨な事件。
薬丸岳が「現代」を描くミステリー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

117
夏目刑事シリーズ4巻目です。短編4作が収められています。遺体遺棄、レイプ、外国人労働者、介護など日常起きてもおかしくない事件とその結末がうまく書かれていました。とくに表題作となっている最後の介護に関わる事件は結構長く、最近の裁判結果などでも実際にあった事件を思い出したりしました。決着の仕方もうまいと感じました。2020/03/25

アッシュ姉

93
小説界の好きな男性トップ5に入る夏目さん。会いたかった!大好きな椎名桔平さんを思い浮かべながら読んで幸せ度倍増。会社のある東池袋から地元近くの錦糸町へ異動とは縁を感じずにはいられないわと一人ご満悦。どんな事件にも真摯に向き合い、誰に対しても優しいまなざしを向ける彼にしか見えない景色がある。刑事の怒りには痺れた。やるせない真相が多いなか、夏目刑事の存在が救いと癒しになっており、じんわり温かいものが心に残る。まだまだ続きそうなシリーズで続編を楽しみに待ちたい。2020/06/28

H!deking

87
久しぶりの夏目シリーズ最新作。いやー今回も面白かった。短編集だけど全部が長編で読みたいクオリティ。やっぱり薬丸さん凄いです。おすすめ!2020/04/16

真理そら

75
夏目シリーズ4作目。死体遺棄は母親の年金の不正受給のためか。レイプ被害者の立場。外国人留学生と悪質なブローカーの問題。積極的安楽死?自殺幇助?と今回も扱っているテーマは重い。現代の日本社会は云々と社会の問題を語りたくなるテーマなのにそういう方向に進まない作風が清々しくて気持ちいい。犯罪は社会の中で起きるけれどあくまでも個人が犯しているのだからひとまとめに語ることは難しい。表題作はそのあたりの描き方が夏目の苦悩と共にうまく描かれていた。2020/05/10

ミッフー

72
久しぶりのレビューです💦何故読書が出来たのかって⁉️そうです。入院してるんですよ😅コロナみたいなナウい病気ではなく急性喉頭蓋炎って病でね😩 4編からなる短編刑事小説で、どれも中身は簡単で数時間で読み終えます。全てが途中で予想が付くので読み応えこそありませんが、肩の力を抜いてリラックスして読み続けることが出来ます👍1番面白いのはやはり僕らしく「生贄」かな😅レイプを過去経験した女性が被害者から加害者に大変身㊙️公衆便所で生贄として刺殺されたチンピラ松本くん、最後にズコバコ出来たから良かったじゃん😍2021/09/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15231546

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。