ジャンプコミックスDIGITAL<br> カワイスギクライシス 1

個数:1
紙書籍版価格
¥528
  • 電子書籍

ジャンプコミックスDIGITAL
カワイスギクライシス 1

  • 著者名:城戸みつる【著者】
  • 価格 ¥501(本体¥456)
  • 集英社(2020/04発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784088822624

ファイル: /

内容説明

【無料試し読み閲覧期間2024/7/1~2024/7/31】
宇宙帝国調査員のリザ・ルーナが降り立った星は“地球”。文明レベルの低さから、最初はさっさと滅亡させてしまおうとするリザだったが、地球で遭遇した未知の“カワイイ”が、まさかの救世主に!? ラブリー満載でお届けの1巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みかんめろん

23
面白いです。深いことな~にも考えずに軽い気持ちで読むのがポイントです。リザはじめ宇宙人共の言動がいちいち楽しいw。動物も可愛いのですが…これは「動物のお医者さん」を読んだあとに読んでしまった私が悪いです。うん。星3つ★★★2023/11/04

レリナ

22
地球を調査しに来た宇宙人、リザ。彼女が地球で出会った可愛すぎる動物。それが猫である。本作は猫を中心に可愛すぎる動物をひたすら愛でる漫画である。宇宙人のファーストコンタクトがこんな感じなら平和な感じになりそうだ。猫のかわいさを説いてくれるカワイスギクライシス。こんな平和な漫画を待っていた。猫好きにはたまらない漫画なのではないだろうか。ひたすらリザが猫のかわいさに当てられ、最終的には飼ってしまうという。調査するどころではない。これは猫が平和の象徴になるのではないだろうか。次巻に期待。2020/04/06

こも 零細企業営業

16
数多の星々を支配下に置く宇宙帝国アザトス。そのアザトスの次なる目標は地球だった。その地球の文化、思想、自然、歴史を調査するために宇宙船から地球に派遣派遣されたリザは、、軽食を取るためにたまたま入った猫カフェで危険生物「猫」と出逢う。あまりの可愛さに度肝を抜かれたリザは、物凄く動揺し心臓が破裂しそうになってしまう。彼女の居るアザトスでの宇宙三大可愛い生き物。「マヌルー」「ドフトスス」「ズーラ」が落書きに見えるくらい一線を画した可愛さを持つ「猫」なる生き物。そんな生物と地球で出会ってしまったリザは、猫カフェの2023/04/30

悠遠

5
地球を侵略しようとする宇宙人が現地調査中に猫に出会ってしまい瞬殺される話。 ネコチャン、カワイイヨネ…モフモフヤバイヨネ。多分、次々新しい宇宙人が送られてきそうだけど耐えられる人は出てくるのか…。宇宙人が猫の可愛さの前にはただの変人になりさがってしまうのが面白かった。2022/04/24

新天地

5
侵略のため地球へ調査にやってきた宇宙人・リザが生まれて初めて猫と出会いそのかわいさに未曽有の衝撃を受ける。その後も犬、ハムスター、ハリネズミなど地球の「かわいい」に触れるたびに大きな衝撃を受けてゆく。一部の猫に辛い生い立ちがあるが、基本はかわいい動物とそのペットたちを溺愛するおバカな飼い主ばかりが出てくる優しい世界になっている。またリザが捨て猫を拾い、飼い主として名前を付けたり、病院に連れて行ったりするその中で飼い主としての成長の物語になっているのも良かった。2020/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15417672
  • ご注意事項