ちくま新書<br> 天皇と右翼・左翼 ──日本近現代史の隠された対立構造

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

ちくま新書
天皇と右翼・左翼 ──日本近現代史の隠された対立構造

  • 著者名:駄場裕司【著】
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 筑摩書房(2020/03発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

近現代日本を動かしてきたのは、幕末以来の天皇家と伏見宮系皇族(旧宮家)の対立と裏社会の暗闘である。対米戦争へ主導したのは反英米的な軍・伏見宮系皇族・一部の長州閥有力者で、彼ら右派は昭和二十年八月十五日の宮城事件、三島事件など数多く事件を起こし、潜在的に反(昭和)天皇だった。昭和天皇・貞明皇后は左派勢力と個人的につながり、親天皇=保守=右翼ではなかったのだ。従来の右翼・左翼観を打ち破り、近現代日本の支配層における対立構造を天皇を軸に描き直す。

目次

I 揺れ動く「右翼」と「左翼」
第一章 本来の右翼・左翼概念が適用できない戦前日本
第二章 後藤新平人脈と天皇家
第三章 朝日新聞社と保守本流
II 天皇家vs.伏見宮系皇族・「右翼」
第四章 貞明皇后vs.久邇宮家──倒幕派と公武合体派の確執1
第五章 昭和天皇vs.伏見宮系皇族軍人──倒幕派と公武合体派の確執2
第六章 天皇制はなぜ残ったのか──「右翼」「左翼」双方の誤解
第七章 六〇年安保──天皇・田中清玄・ブントvs.岸信介・共産党・社会党
第八章 「左右」連合の諸相