自分の居場所をつくる働き方 仲間とつながり、自分らしく成果を出すコミュニティ・ワ - ーカー

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

自分の居場所をつくる働き方 仲間とつながり、自分らしく成果を出すコミュニティ・ワ - ーカー


ファイル: /

内容説明

【人生100年時代、つながる力は最強の武器になる! 】

コミュニティ運営のスペシャリストが教える!
内気でも、すごいスキルがなくてもできる!
いちばん幸せな働き方改革

【コミュニティ・ワーカーとは?】
自分らしさを大切にしながら、仲間と協力しあって成果を出せる「居場所」を自らつくり出せる人。
会社員としての出世でも、独立・起業でも、スペシャリスト・専門家でもない、働き方の新しい選択肢。

「人生100年時代」「働き方改革」「副業解禁」……
私たちの働き方は、大きく変化しています。

「会社には頼れないからスキルアップしよう! 」
そう思っても、目まぐるしく時代が動く中で、スキルの賞味期限は益々短くなっていているのも現実。
私たちは、どうやって働いていけばいいのでしょうか?

そのヒントとなるのが、「居場所」というキーワード。
人生100年時代、何よりのリスクは「居場所」を失い、孤独になること。
どれだけ時代が変わっても、人は「居場所」がなければ生きていけません。

これはつまり、これからの時代、「居場所」をつくり出せる力は、何より大切な武器になるということでもあります。
「居場所」 とは、 “自分らしさ”を大切にしながら、仲間とつながり、協力しあって成果を出せる場所 のこと。
そんな居場所をつくり出せる人を、本書では「コミュニティ・ワーカー」 と呼びます。
コミュニティ・ワーカーという働き方に、特別な能力は必要ありません。
すでにみんながもっている「つながる力」に磨きをかけていくことで、誰でもコミュニティ・ワーカーを目指すことができるのです。
激しく変わる世の中の動きを止めることはできません。
でも、前向きに捉えて、ちょっと考え方を変えると、より「幸せな働き方」が見つかるはずです。
本書をとおして、働き方の新しい選択肢を探ってみませんか?