monogatary.com presents<br> 小説 ぬけがら

個数:1
  • Kinoppy

monogatary.com presents
小説 ぬけがら


ファイル: /

内容説明

「いってきます」 そう言ってあの子はこの町を飛び立っていった。
こんなにも美しい“ぬけがら”だけを残して。

恋愛小説アンソロジー『最低な出会い、最高の恋』で小説デビューした声優・夏川椎菜が、自身の写真集『ぬけがら』をモチーフに書き下ろす、切なくて爽やかなとびきりの青春小説!

「なんで恋もしたことないのに、恋愛小説なんか書いちゃったの?」そう聞いてきた彼女の目はまっすぐだった――。これは、僕の小説の初めての読者となった名前も知らないお姉さんと、まだ恋を知らなかったころの僕の話。(「初恋のシャンプー」)

毎週月曜と水曜の仕事帰りは“銭湯の日”と決めている。熱い湯は仕事でたまった鬱憤を洗い流してくれるからだ。そして、湯上りに欠かせないのが、瓶入りのコーヒー牛乳と、番台に突っ伏して出迎えてくれるお団子頭の“バイトさん”なのである。(「匿名銭湯小噺」)

私は才能より人脈を買われる方の人間だった。そんな私に「タカビシャさんの“写真”じゃなきゃ、イヤです!」そう叫んで相棒の座についたパッチ。立ち止まったままの相棒に、いま私ができること、いや、私にしかできないこと、それは……。(「タカビシャとパッチ」)

妻を亡くしたとき、私の時間は止まってしまった。それからすぐに、我が家で居候をはじめた孫娘。その日々は騒がしく寂しさを感じる暇もなかった。だが、憧れの仕事に就いたばかりの孫が、突然「会社を辞めてきた」と部屋に籠ってしまい――。(「私と孫の古時計)

この作品は、読みたい物語がある! 物語投稿サイト『monogatary.com』(モノガタリードットコム)がお届けする電子オリジナル作品です。

<収録内容>
「ぬけがら」
プロローグ/初恋のシャンプー/匿名銭湯小噺/タカビシャとパッチ/孫と私の古時計/エピローグ

特別収録:
「16時50分」(投稿サイトmonogatary.com掲載作品を収録)
「16時50分 sideB」