新潮文庫<br> 朝が来るまでそばにいる(新潮文庫)

個数:1
紙書籍版価格 ¥572
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
朝が来るまでそばにいる(新潮文庫)

  • 著者名:彩瀬まる【著】
  • 価格 ¥539(本体¥490)
  • 新潮社(2020/02発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101200538

ファイル: /

内容説明

火葬したはずの妻が家にいた。「体がなくなったって、私はあなたの奥さんだから」。生前と同じように振る舞う彼女との、本当の別れが来る前に、俺は果たせなかった新婚旅行に向かった(「ゆびのいと」)。屋上から落ちたのに、なぜ私は消えなかったのだろう。早く消えたい。女子トイレに潜む、あの子みたいになる前に(「かいぶつの名前」)。生も死も、夢も現(うつつ)も飛び越えて、こころを救う物語。(解説・名久井直子)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ベイマックス

107
6つの短編集。実際に身に起こったら怖い物語だけど、恐怖をあおる展開ではなく、人の心にある妬みや羨ましいとの感情や悲しみが、隠されつつも時に噴出して表現されてくる。そして、救いの手もある。でも、素直に救いの手を掴めないもどかしさ。物語が動くにつれ、心境が揺さぶられ、救いの手を取った時に、自分以外の周りの人もそれぞれが妬みや羨ましさなどを抱えていたと知り、後悔もし、自身を取り戻していける。そんな短編集だと感じた。ドキッとしたり、うるっとしたり、ほのぼのしたり、考えさせられたり、なかなかな物語でしたよ。2020/10/18

アッシュ姉

94
彩瀬まるさん五冊目。なんて怖い話を書くのだろうという第一印象で始まった短編集。悲しい出来事、つらい体験が暗い影を落とす。心に黒い染みがじわじわ広がり、獣や鬼や化け物に姿を変えてどんどん大きくなっていく。負の感情に支配され、深い闇に吸い込まれそうになる。死者の気配が色濃く漂い、幻に囚われて飲み込まれそうになるも、タイトルが示すとおり読後感は不思議と悪くない。恐るべし、まるさん。また一段と好きになってしまった。2020/05/13

のいじぃ

89
読了。人の心に棲まう怪奇譚。裏表紙のあらすじとは印象が全く違う。しっかりと物の怪も出てくるので最初は何事かと困惑した。いくら救いがあっても、人によっては題材を含め苦痛になるかも知れない、そんな短編集。ただ、歪なのにどこか納得してしまう人の冥い情を滑らかな表現と文章でさらさらと綴り、つい目が追ってしまう不思議な魅力もある。中にはその性癖は墓まで持っていってくれないかな、と思いもしたけれども。あと、肉を食べ切ると連れて行かれるという怪談には既視感を覚えつつ記憶が遠い。これはホラーではなく人の心がもたらす怪異。2019/09/22

佐島楓

82
鋭敏な感性が描き出す官能と不安、恐怖。ときどきこの描写が現実なのかそのあわいなのかわからなくなる。読むのがつらい、と思わせられるような状況も少なくないが、著者は本質的に人間を信じている。それが伝わってくるぶん、救いがある。これからも彩瀬さんの本は読み続けていきたい。2019/09/01

もぐたん

79
美しくて恐ろしい6編。脆く儚い命の前に横たわる、死の深い闇を前に見るのは夢か幻か。静けさの中に吹く一陣の風のように、平穏を揺るがす、人ならぬものの存在。異形の者の生ぬるい息遣いを感じながらも、自分の人生を手放さない主人公たちの強さ、生に対する執着に切なくなると同時に安堵する。命との出会いと別れ、絶望と希望を独特の世界観で描いた、ホラーテイストの短編集。★★★☆☆2021/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14261151

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。