上代文藝に於ける散文性の研究

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,630
  • Kinoppy
  • Reader

上代文藝に於ける散文性の研究

  • 著者名:中西進【著】
  • 価格 ¥2,904(本体¥2,640)
  • 東京書籍(2020/01発売)
  • ポイント 26pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

現代を代表する国文学者にして「令和」の考案者とされる中西進の卆寿記念出版。
中西万葉学、中西文学論、中西日本人論のすべての原点といえる、東大卒業論文を、90歳の原点として、令和の今、出版して世に問う。
400字×674枚の圧巻の手書き原稿がここによみがえる。
日本古代において、韻文と散文は如何に成立してきたのか。
卒業論文ながら極めて高い学術性は、現代の国文学者、国文学の学生らにとっても非常に有益な着眼点や論点を提供する。