誰になんと言われようと、これが私の恋愛です

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

誰になんと言われようと、これが私の恋愛です

  • 著者名:劇団雌猫【著】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 双葉社(2020/01発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

オタク女子ユニット“劇団雌猫”による恋愛エッセイ集。悩める女性達の匿名エッセイ15篇のほか、「推し」と「恋愛」の違い、人生で一番好きになった相手、パートナーに求める条件……など800人以上が答えたアンケートや劇団雌猫メンバーによる読者からの悩み相談も収録。

第1章 オタクも恋しちゃダメですか?
初彼が「犬夜叉」だった女/アラサーになっても若手俳優に出会いたい女
高齢処女に思い悩んだ女 など

第2章 これは「恋」じゃないですか?
「ときメモ」で離婚を決意した女/性欲を「シン・ゴジラ」で断ち切っていた女
合法的に婚外恋愛を楽しむ女 など

第3章 結婚ってなんですか?
ドルオタ同士で結婚した女/「A太郎」と別居婚する女
/オタ友と同居する女 など