カドカワBOOKS<br> 悪徳女王の心得

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

カドカワBOOKS
悪徳女王の心得

  • ISBN:9784041087114

ファイル: /

内容説明

塔での幽閉生活から一転、裏切りにより両親を殺され、お飾りの王位継承者として表舞台に戻ることになったルクセリア。――これは何もできない落ちこぼれの『人形姫』が、悪徳の女王と呼ばれるまでの物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

TAMA

12
固い、君主論でもない感じだけど。世直しの女王(侍女一人つき)。何というかその神出鬼没な有能部下の方どうやって確保してるのか。戴冠した後は女王陛下のターン!が続くんだろうか。癒しの侍女に心を守られ、有能な配下を使って国の病巣を切り出す、そのための下準備が整って見せしめタイムその1が進みつつ。そして眠り姫な婚約者様。謎。令嬢たちのあれこれも。この要素いるの?どう持っていくのか気になるので次も読む。2020/07/20

TERU

11
前世の記憶を持つ王女・ルクセリアは、強すぎる魔力を持っているが故に塔に幽閉されてしまう。だが、侯爵家の裏切りによって両親を殺され、王位継承者として再び表舞台へ、ルクセリアは王となり心に誓う。この腐った国を正し、そして裏切り者への復讐を... 序盤は塔に幽閉され、側仕えの少女との幽閉ライフが楽しく描かれていたのですが、それが終わると楽しさは鳴りを潜めます。復讐ものですが復讐要素よりも政に関する部分が事細かく描かれており、小難しい印象を受けた。2021/03/12

日向

2
★★★★★2020/04/17

日向

1
再読。2021/03/28

きゃべつ

1
侮られた王族の一人娘、復習の女王になる!という設定が好みだったので。うーん。婚約者の描写がもっと欲しかったかなーという感じ。婚約者にもなんで愛人がいたか、謎のままだし、眠ったままなのが、もやもや。これは続き出るのかな。2020/08/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14980044

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす