角川文庫<br> 世界の終わり、あるいは始まり

個数:1
紙書籍版価格 ¥817
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
世界の終わり、あるいは始まり

  • 著者名:歌野晶午【著者】
  • 価格 ¥817(本体¥743)
  • KADOKAWA(2019/12発売)
  • 新年度スタート!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン!(~4/5)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

東京近郊で連続する誘拐殺人事件。誘拐された子供はみな、身代金の受け渡しの前に銃で殺害されており、その残虐な手口で世間を騒がせていた。そんな中、富樫修は小学六年生の息子・雄介の部屋から被害者の父親の名刺を発見してしまう。息子が誘拐事件に関わりを持っているのではないか?恐るべき疑惑はやがて確信へと変わり…。既存のミステリの枠を超越した、崩壊と再生を描く衝撃の問題作。