文春文庫<br> 私の「紅白歌合戦」物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
私の「紅白歌合戦」物語

  • 著者名:山川静夫【著】
  • 価格 ¥790(本体¥719)
  • 文藝春秋(2019/12発売)
  • 新年度スタート!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン!(~4/5)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

令和元年暮れに七十回目を迎えた紅白歌合戦。
昭和49年より9年連続で白組司会を務めた元NHKアナウンサーだから書ける舞台の裏側と、とっておきの話。
誌上での再現放送や、当時の著者の日記も公開。


目次

一 「紅白」はこうして始まった
二 「紅白」が私に近づいてきた
三 「紅白」真っ只中
第25回NHK「紅白歌合戦」誌上放送
対談・佐良直美×山川静夫 「紅白」黄金時代裏話
四 「紅白」ちょっといい話
初のテレビ放送/審査員の変遷/森光子さんの思い出/
“サブちゃん”の存在/宮川泰さんのこと/素敵な蝶ネクタイ/
忘れたマイク/昭和52年「紅白歌合戦」始末記/
「紅白」雪景色/水前寺清子さんの「情」/
頭の回転がするどい黒柳徹子さん/中村メイコさんの気配り/
東北人、新沼謙治と千昌夫/「紅白歌合戦」と阿久悠の魔法
対談・由紀さおりと×山川静夫 わが心の「紅白歌合戦」
五 「紅白」よ、どこへ行く
あとがき