中公文庫<br> 絶海にあらず(上)

個数:1
紙書籍版価格 ¥712
  • Kinoppy
  • Reader

中公文庫
絶海にあらず(上)

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥712(本体¥648)
  • 中央公論新社(2019/11発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784122050341

ファイル: /

内容説明

京都・勧学院別曹の主、藤原純友。坂東への旅で若き日の平将門との邂逅を経て、伊予の地に赴任する。かの地で待っていたのは、藤原北家の私欲のために生活の手段を奪われ、海賊とされた海の民であった。「藤原一族のはぐれ者」は己の生きる場所を海と定め、律令の世に牙を剥く! 渾身の歴史巨篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

45
再読。平将門ではなくて藤原純友を描く辺りが北方先生らしい。やりたいことも無く欲も無く、無為に過ごしていた純友が、旅を経て少しづつ変わっていく。流されるように任官した伊予で出会った人々や、政の理不尽。抜群に頭が切れる訳でも腕が立つ訳でもない純友が生きたいように生きていくうちに、次第に都の藤原一族に刃向かうまで。〝海〟を舞台に、政治の隙間を突くように海賊を偽装し物流を生かして立ち向かう様は気持ちが良い。坂東は戦乱、都は権謀術数と大変だが、伊予から西の海はどこまでも爽やかだ、今のところは。2019/08/16

Haru

41
矢野さんの「平将門」を読んで、北方さんも同じ時代を書いていたじゃない!と再読。冒頭の洪水に見舞われる京の陰鬱な雰囲気から、あっという間に物語の中に。鬱々とした京から、潮風爽やかな伊予ヘ。感じたまま自由に行動する純友は藤原北家の血筋の良さ、勧学院で書物を好むインテリさと、豪放磊落さが相まって、みるみる内に水師をまとめあげる。「当たり前のことを当たり前にするために」、藤原北家の権威なんてくそ食らえと突き進む純友に悲壮感はないけれど、これから好古さんが絡んで、だんだんと追い詰められていくのかと思うと辛いなぁ。2016/03/13

はらぺこ

39
上巻なので大きい動きは特に無くて静。 北方作品は歴史モノだけ何冊か読んでますが、作者の風貌に見合わず主人公の口調はオラオラ系じゃなく優しい人が多い気がします。この藤原純友も今の所そうです。 下巻が楽しみです。 2011/06/14

うまとら(仕事が多忙のため休止中)

14
爽やかな読み応え。純友の男っぷりが良い。当時、隆盛を極めた藤原北家の傍流として生まれながら、伊予で活躍する姿が生き生きと描かれている。筆者の小説につきものの山の民も出てきますが、今回は海の民の話です。海は誰のものでもない。良いですね。相変わらずの北方節です。2010/05/26

11
とにかく読んでて気持ちいい。下巻はどうだろう。2018/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/556972

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす