ポストモダン建築巡礼 1975-95 第2版

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy
  • Reader

ポストモダン建築巡礼 1975-95 第2版


ファイル: /

内容説明

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「バブル建築」とひとくくりにされ、見て見ぬふりされているポストモダン建築
話題作50件の現況をイラスト付きで熱くリポート。

目次

【特別対談】
「社会との格闘が生んだ緊張感。これほど面白い時代はない」
隈研吾(建築家)×磯達雄(建築ジャーナリスト)

■模索期1975~1982
懐霄館[親和銀行本店第3次増改築コンピュータ棟]/別子銅山記念館/今帰仁村中央公民館/千葉県立美術館/筑波新都市記念館/小牧市立図書館/角館町伝承館/金沢市立図書館/渋谷区立松濤美術館/名護市庁舎/弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民俗資料館 ほか

■隆盛期1983~1989
つくばセンタービル/直島町役場/伊豆の長八美術館/釧路市立博物館/球泉洞森林館/世田谷美術館/盈進学園東野高等学校/織陣/ヤマトインターナショナル/石垣市民会館/東京都多摩動物公園昆虫生態館/龍神村民体育館/東京工業大学百年記念館/フィッシュダンス ほか

■爛熟期1990~1995
青山製図専門学校1号館/ジュールA/東京都庁舎/八代市立博物館 未来の森ミュージアム/M2/ホテル川久/高知県立坂本龍馬記念館/姫路文学館/石川県能登島ガラス美術館/アミューズメントコンプレックスH/梅田スカイビル/愛媛県総合科学博物館 ほか