リブラの野望 破壊者か変革者か

個数:1
紙書籍版価格 ¥935
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

リブラの野望 破壊者か変革者か

  • 著者名:藤井彰夫【著】/西村博之【著】
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 日本経済新聞出版社(2019/11発売)
  • もうすぐクリスマス!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~12/15)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

◆リブラ登場、デジタル人民元構想。金融を舞台に、大いなる野望が動き出す。

◆米フェイスブックが発行を目指すデジタル通貨リブラ(Libra)。構想が発表されるやいなや、期待と共に、政府・中央銀行の警戒感が噴出。関係者はこぞって、事業計画が書かれたホワイトペーパーを読み込み、次の展開を探っている。また、中国など各国がデジタル通貨実装化に向け動き出す。仮想通貨バブルとは違うマネー経済のダイナミックな変化が起きている。

◆デジタル通貨とは何なのか?ビットコインやその他の決済サービスと何が同じで何が違うのか?金融当局や競争法の関係者は、リブラを極度に警戒つつ、実装化の研究を進めるのか?本書では、世界の動向を盛り込みながら、デジタル通貨の本質をあぶり出し、インパクト、当事者たちの最新動向を伝える。

◆金融、国際経済に精通した日経の専門記者がタッグを組んで執筆。最新動向まで盛り込んで刊行する。ノーベル経済学賞学者のスティグリッツ教授や、貨幣論の第一人者岩井克人教授らのインタビューも掲載。