NHK出版新書<br> プラトン哲学への旅 エロースとは何者か

個数:1
紙書籍版価格
¥935
  • 電子書籍
  • Reader

NHK出版新書
プラトン哲学への旅 エロースとは何者か

  • 著者名:納富信留
  • 価格 ¥891(本体¥810)
  • NHK出版(2019/11発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784140886021

ファイル: /

内容説明

愛することが哲学だ

えっ!? 紀元前のアテナイでソクラテスと愛について対話する?
当代一のプラトン研究者が、名著『饗宴』を再現して挑む、驚きのギリシア哲学入門書!

本書は、哲学者プラトンの代表作で、古代ギリシア語の散文作品として名高い『饗宴』のなかに、語り手の「私」(「現代からの客人」)が列席し、ソクラテスら演説者たちと「愛(エロース)」をテーマに競演する、類を見ない教養新書である。「哲学(フィロソフィア)」という言葉は「知(ソフィア)」を「愛し求める(フィレイン)」という意味の合成語。哲学=愛であることが、いま明かされる。


第一話 誘う──アカデメイアに立つ
第二話 競う──恋愛とはどんなものか
第三話 求める──欲望は満たされるか
第四話 出会う──美のイデアを目指して
第五話 乱れる──愛することが哲学だ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ころこ

43
同じNHKなので『100分De名著』がきっかけになっているのは間違いない。しかし、番組のテキストと全く構成、語り口が違うことに著者のプライドをみる。番組では語っていた著者が本では直接語ることは出来ないので、とても柔らかい口調で語りかけているような構成に大変気を遣っている。当時の社会状況、『饗宴』がどのように読み継がれてきたのか、他の対話篇のテクストとの関係などが強調されている。むしろ『饗宴』の中身よりもその形式、『饗宴』の登場人物であり喜劇詩人アリストファネスを『饗宴』は模倣しているのではないか。最後の付2022/11/04

速読おやじ

22
プラトンの「饗宴」をモチーフに、当時に著者がタイムスリップをして、それぞれの演説を聞いて、解説をしてゆくといった書。なかなかにアイデアとしては面白いし、饗宴を全く読んでない僕のような人にはプラトン入門書としては良いのではないか。エロースとは?美とは?肉体的な美、精神的な美、知的な美がある。愛とは?著者はラストに近いところで、こう説く。私たちは魂と魂の間で言葉をかわしながら、何か絶対的なものを愛し求め、共に生きている。対話する言論が、愛する人間の哲学であり、そうして芸術や文学や人生を生み出すのだと。2021/12/17

スプリント

10
プラトン著作である「饗宴」を解説した本です。構成が凝っていて、過去へのタイムトラベルし登場人物にインタビューする体裁をとっています。昔の「マンガ初めて物語」を思い出しました。2020/01/04

mikio

8
『饗宴』が催されたその場に、著者納富先生がタイムスリップしご自身も参加してしまうというパロディ。東大教授とは思えないユーモラスな構成と語り口。なるほど『饗宴』自体がプラトンの創作でありパロディであることに思い当たる。「学説や哲学書を分析する学術論文という形でしか遂行されないアカデミズムは、哲学という精気を保ち得るのでしょうか。哲学のパロディ、あるいはパロディの哲学が、哲学をはるかに超越する哲学を出産する日を夢見ながら。。」(付録)やはりプラトンは偉大だ。2024/01/03

みのくま

5
これ程までに面白いプラトン解説書があったであろうか。本書は、著者が思うプラトン「饗宴」の魅力が最大限引き出されている稀有な作品である。なかでも当時の哲学者や文学者のパロディという同時代性の高いプラトンの魅力の唯一性がわかりやすく、かつ楽しく描いている事に驚嘆する。特に登場人物の一人である大喜劇作家アリストファネスは、まさにパロディ界の第一人者であるはずだが、そのアリストファネスさえもパロディ化するプラトンの作家性は恐るべきものであるし、それを十全に伝える事ができている本書もまた素晴らしい傑作でなのである。2024/03/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14531623
  • ご注意事項