扶桑社BOOKS<br> 中国の大プロパガンダ――恐るべき「大外宣」の実態

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,090
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

扶桑社BOOKS
中国の大プロパガンダ――恐るべき「大外宣」の実態

  • 著者名:何清漣/福島香織
  • 価格 ¥2,090(本体¥1,900)
  • 扶桑社(2019/11発売)
  • 今日はサイバーマンデー!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 570pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784594083229

ファイル: /

内容説明

香港の大規模デモの背景には、中国共産党政権が怒濤のごとく展開した「大外宣」=「大プロパガンダ」戦略があった!

中共はメディアを通じて香港世論を誘導しようとして、強引に香港メディアに干渉した結果、報道の自由は瀕死となり、市民の既存メディア離れを引き起こした。メディアが正確に世論を反映し、それが政治を動かすという健全な“機能”が損なわれると、世論の表明は「デモ」という力業で行うしかない……それが現下の香港の実像である。
本書は発展著しい1980~90年代、中共深セン市委員会宣伝部に勤務し、中共プロパガンダの手法を知り尽くしている著者が、10年にも及ぶ取材・執筆を経て世に問うもの。香港は勿論、アジア諸国、アフリカ、中南米、オセアニア、ヨーロッパ、そして米国と世界を股にかける中共のプロパガンダの実態と歴史を徹底的に分析している、現在の世界情勢を理解するのに欠かせない一冊である。

主な内容
●中国共産党対外プロパガンダの70年にも及ぶ歩み●中共は対外プロパガンダを対象地の媒体やひとで展開する●なぜ世界中に中国語メディアが展開されているのか?●返還後香港メディアは中共の提灯持ちに成り下がった●中共の台湾メディアへの紅い浸透●中国の対外プロパガンダは失敗した●2018年、米国は中国のプロパガンダ阻止を開始した

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えちぜんや よーた

97
中国大陸系の資本が入ったメディアを見るときは中国語・英語・日本語であろうと必ず自分で情報のウラを取らなければならないことが克明に書かれている。日本ではあまり人気のないトランプのおっちゃんだが、米中外交について言えば実は「当たり」の大統領だったのではないかと思うぐらい内容がすさまじい。おっちゃんのわがままが、洗練された中国のプロパガンダをぶち壊し回っているという印象を受けた。2020/06/30

はるわか

11
中国は2009年から450億人民元の巨額資金を投じ全世界で「大外宣計画」を推進。今に始まったことではなく中国共産党が在野勢力であった時代からすでに効果的な外宣を開始しており、その主な成果こそ西側に多くいる左派記者であることを西側社会は決して知るまい。中国政府が投入した大量の資金は、華人資本により買収された西側メディア(米国を含む全世界)とパトロン-クライアント関係を形成し中国共産党宣伝機関の延長に。2018年米国は中国大外宣阻止を開始。民主党政権下の外交を主導したバンダ・バガー(親中国)派を排除へ。2020/07/05

GASHOW

5
日本人には信じられないことだが、大陸の国では嘘をつくことに罪悪感がまったくないという。武田教授の解説を何回も聞いたことがある。プロバガンダの目的にとって真実である必要はなく、嘘も繰り返しきかされると人は信じてしまう。中国だけでなく、欧米諸国もそうだ。国際間で嘘がないと信じているのは日本人くらいだそうだ。14億人をまとめあげる政府ではプロパガンダが必要で、国際問題でも軍事でも戦いなのだから、そこは賢くならないといけない。嘘やまやかしも見抜けていれば良いだけで、嘘をつかないと信じて騙される者に救済はない。2020/06/03

田山河雄

2
見慣れない語彙が出てくる。「大外宣」「統戦工作」「本土化戦略」等だ。プロパガンダ、世論コントロール、そしてどうも中共本土並みにする事らしい。その雨風の降り続いたのが米中国交回復の70年代からオバマ(民主党)時代。その後トランプの「ワシントンの沼をさらう」動きから、2018年パンダハガー派を一掃する公聴会(証言)が出て、現在の「対中政策の失敗を認める」方向へ。孔子学院疑念、スパイ疑惑や(語られていない香港国安法制定後の混乱など)現在の動きを彷彿させる。これは貴重な本ではなかろうか。2020/08/19

ぷるぷる

1
帝国主義を隠そうともしない国なわけで各国に親中メディアを作り上げて敵国を二分する世論を形成させるなんて戦略はさも有りなん。2009年から外宣活動が本格化したとあるがもっと昔からやってるような気がする。必然的に中国の近代史になってるのも興味深い。冷戦時代を少しでも知ってると共産主義は外部に対する宣伝行為に熱心なのは覚えているわけですがレーニンが既にプロパガンダの必要性を訴えていたというんだから虚言や洗脳なんて生まれつきなのですね。西側にいる左派系記者の存在があるので情報見る時は気をつけたいと思うくらい怖い。2020/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14616800

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。