文春e-book<br> アリババ 世界最強のスマートビジネス

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,310
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春e-book
アリババ 世界最強のスマートビジネス

  • 著者名:ミン・ゾン【著】/土方奈美【訳】
  • 価格 ¥1,900(本体¥1,728)
  • 文藝春秋(2019/10発売)
  • 山の日の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/10)
  • ポイント 425pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

ジャック・マーの右腕、アリババ前最高戦略責任者が執筆!
中国の巨大IT企業、その想像を絶するビジネス戦略がすべて明かされる。

「われわれは中国版アマゾンではない」
「データ」と「ネットワーク」を融合させたアリババ式「隠陽ビジネスモデル」こそがこれからの世界標準となる。

◆目次より
・なぜ中国は金融テクノロジーで米国を抜き去れたか
・「奇跡が起きた」--人類最大のショッピングデー「独身の日」を支える舞台裏
・アマゾンは「データ」は強いが、「ネットワーク」が弱い
・意思決定も自動化される
・C2B(カスタマー・トゥ・ビジネス)へ
・あなたの企業は「線」か「面」か「点」か
・アリババは組織自体が「機械学習」する
・クリエイティビティを生むマネジメント革命とは
・アリババでは、上司が年に5回も変わる
・これからの時代、個人と企業が生き残るための教訓

◆ジャック・マー序文
「本書は、読者のみなさんが新たなデジタルエコノミーに足を踏み入れる上で、貴重な手引きになるだろう」

◆米国からも賞賛
グーグル前会長 エリック・シュミット推薦。ペイパル創業者 ピーター・ティール推薦
原書は、米国名門版元ハーバード・ビジネス・レビューより英語にて刊行

◆日本語版スペシャル・エディション(著者最新インタビュー収録)
・GAFAはアリババのライバルか ・金融分野でアマゾンとの対決はあるか
・AI都市、AI政府は始まっている ・日本企業がIT戦略で成功する方法 ほか